世界有数のコレクション

217 ビュー

世界有数のコレクション

すべてを合わせると、デン・ハーグのマウリッツハウス美術館が所有する作品800点は、ドイツとフランドル地方の黄金期の画家たちの作品を集めた世界最高の4つのコレクションのうちの1つです。不動の人気を誇る、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」のほかに、改修されたマウリッツハウス美術館は、レンブラント、パウルス・ポッテル、ヤン・ステーン、フランス・ハルス、ブリューゲル、ルーベンスの作品を展示しています。詳細は、次の通りです。

読む

すべてを合わせると、デン・ハーグのマウリッツハウス美術館が所有する作品800点は、ドイツとフランドル地方の黄金期の画家たちの作品を集めた世界最高の4つのコレクションのうちの1つです。不動の人気を誇る、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」のほかに、改修されたマウリッツハウス美術館は、レンブラント、パウルス・ポッテル、ヤン・ステーン、フランス・ハルス、ブリューゲル、ルーベンスの作品を展示しています。詳細は、次の通りです。

© Mauritshuis, The Hague, Ronald Tilleman

  • マウリッツハウス美術館でオランダとフランドル地方の巨匠たちのユニークなコレクションを鑑賞してください。
  • 「テュルプ博士の解剖学講義」を描いた頃の若き日のレンブラントをご覧ください。
  • 作家のドナ・タートは、何世紀も昔の絵画をどのようにしてさらに人気のあるものにしたかをご一読くださ

レンブラント、テュルプ博士の解剖学講義(1632年)

© Mauritshuis, The Hague

レンブラントがこのユニークな作品を創作したとき、まだ25歳でした。特徴的な光のコントラストは、作品に独特の力強さを添え、実物そっくりの肖像画を描く、この画家の並外れた才能を見せています。後に、この作品はニナ・シーガルの著書「解剖学講義(The Anatomy Lesson)」にひらめきを与えました。

カレル・ファブリティウス、ゴシキヒワ(1654年)

© Mauritshuis, The Hague, Ivo Hoekstra

ファブリティウスは、絵具を多く載せた大胆な筆使いでこの小鳥を描き、次に絵筆の後ろで引っかきました数世紀たった2013年、ドナ・タートはこのユニークな絵画を中心に本を執筆し、ピューリッツァー賞を受賞しました。鳥の絵画を展示する展覧会としてニューヨークで行われたブックローンチが開催され、両作品ともさらに有名になりました。

パウルス・ポッテル、雄牛(1647年)

© Mauritshuis, The Hague, Ivo Hoekstra

パウルス・ポッテルの絵画は世界的に有名ですが、雄牛のようなありふれた物を描くことでさらに有名です。その時代には前代未聞のことです!小鳥、牧草地の美しい明暗、雄牛の顔の毛などの細部の組み合わせは、オランダのロマン主義を表す典型的な例となりました。

ヤン・ステーン、この親にしてこの子あり(1665年頃)

© Mauritshuis, The Hague

ヤン・ステーンは、ユニークなスタイルで特別なシーンを描写できる、陽気な物語の語り手として知られています。ヤン・ステーンのいわゆる「家族」は、悪い例は悪い行いをもたらすことをよく示しています。この特別な作品に言えること。人々の表情、床に置かれた陶器の壺、そしてワインが、ヤン・ステーンがどれほど並外れた画家であったかを示しています。

フランス・ハルス、笑う少年(1625年)

© Mauritshuis, The Hague

こちらは肖像画というよりも、笑う子供の習作といったところでしょう。この感情は、絵画で描くことは極めて困難です。フランス・ハルスは、少年の鼻にもはっきりと表れていますが、素早くのびやかな筆遣いで、自信に満ちた白い絵具の一筆で描いています。

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む