マヘレの跳ね橋(De Magere Brug)

11 ビュー

アムステル川に架かったマヘレの跳ね橋(De Magere Brug)は、アムステルダムで最も有名な橋です。1934年に架けられ、ケルト(Kerkstraat )通り近くの川岸間を結びました。1691年よりまさしくこの同じ場所に橋が架かっており、ケルト通り(Kerkstraat )橋と呼ばれていました。当時、その橋は大変狭かったために、既にマヘレの跳ね橋(magere brug)、つまり、「細い橋」と呼ばれていました。

足を使った操作

この橋は何度も改修されており、1994年までは橋の作業員2人が開閉していました。閉じている時は橋の2つ部分が完全に整列しなくてはならなかったため、かなりの技術を必要としました。作業員は、橋の半分ずつに立ち、自分の体重でバランスをとって整列させました。その業務は1994年に禁止され、橋には機械式制御システムが取り付けられました。

照明

最近では、橋はその美しい外観でよく知られています。1800を超える明かりで橋が照らされ、おとぎ話の世界のように水面に反射する夜がとりわけ美しいです。近くに行くことがあれば、お見逃しなく。