マヘレのはね橋

2157 ビュー

マヘレのはね橋

アムステルダムで最も有名な橋がアムステル川にかかるマヘレのはね橋です。1691年当時からマヘレの跳ね橋(やせっぽちの橋)と呼ばれており、現在の橋は1934年に架け替えられたものです。

読む

アムステルダムで最も有名な橋がアムステル川にかかるマヘレのはね橋です。1691年当時からマヘレの跳ね橋(やせっぽちの橋)と呼ばれており、現在の橋は1934年に架け替えられたものです。

  • アムステル川に架かるマヘレの跳ね橋
  • 1994年まで手動で開閉
  • ライトアップされた幻想的な風景

橋の開閉

この橋は何度か改築工事を行っていますが、1994年までは橋の開け閉めをする係りが常駐していました。橋を閉める時には、ぴったりと息を合わせないといけないので、高い技術が必要な作業でした。橋の上に立ち、バランスを取りながら体重を掛けていくという手法です。今では、残念ながら、自動制御で開閉を行っています。

橋のライトアップ

マヘレの跳ね橋は、その美しいライトアップでもよく知られています。1800個もの電球で照らされた橋は、アムステル川の水面に映り、幻想的な風景を醸し出しています。

目的地