ファン・ネレ工場

10 ビュー

アムステルダムの環状運河地区、キンデルダイク風車・・・オランダでは既に9カ所の美しいモニュメントがユネスコの世界遺産に登録されていました。2014年6月21日に10番目のファン・ネレ工場が加えられました。ガラスやスチールなどの材料を利用し、光あふれる、ゆったりした空間を特徴とし、ユネスコは、「オランダの近代主義の象徴」と表現しています。

  • ファン・ネレ工場は、2014年6月21日にユネスコ世界遺産のオランダ部門に10番目として加えられました。
  • ファン・ネレ工場は、材料の使い方がユニークであり、コーヒー、紅茶、煙草工場として活躍していました。
  • 現在、ファン・ネレ工場は、ロッテルダムの活気のある商業中心地になっています。

近代主義建築

建物は、1920年頃、コーヒー、紅茶、煙草工場として建てられ、ヨーロッパの近代建築の発展に大きな影響を与えました。建築家たちは、建物で光、空気、空間を実現することを望み、ロッテルダムの近くのSpaanse Polder(スペイン干拓地)でしたことはまさにそれでした。ファン・ネレ工場は、使われた材料や形の点で、当時、非常に先進的なものでした。ユネスコの世界遺産委員会は、2014年6月21日にこのユニークな建物を世界保護地リストに加えました。

ロッテルダムの商業中心地

ファン・ネレ工場を特別なものにしているのは、今でも活気のある商業中心地であることです。ユネスコの世界遺産のリストの最大数をはるかに超えているのは政府が所有する文化遺産であるのに対し、ファン・ネレ工場には数十もの活気あふれる商店が入っています。元コーヒー焙煎場所は、イベントホールに改造されました。

建築について詳しく読む