ウィレスブルグ

全長318mの鮮やかな赤い橋。ウィレム橋はロッテルダムの南側と北側を結んでいます。建造されたのは1878年ですが、1981年に完全改築されました。

ロッテルダムのインフラ

建築家A.フェーリングが設計デザインしたウィレムス橋は、長い間マース川にかかる唯一の橋で、ロッテルダムのスカイラインを特徴付けていました。

現在では、インフラの発展によってマース川両岸はさまざまな形で結ばれています。1942年には、全長1kmのマーストンネルが完成。そして1996年には、ロッテルダムの新しいシンボルとなったエラスムス橋も開通しました。

乗り物に乗って

自転車や車をレンタルして、ロッテルダム周辺を走ってみましょう。マース川を中心にロッテルダムが発展していった様子を見ることができます。そしてウィレムス橋から、大都市ロッテルダムの眺望を楽しんでください。

建築について詳しく読む