シャボット美術館 ロッテルダム

20世紀のオランダのビジュアル・アートのアイコン、ヘンク・シャボットは、ダッチ・エクスプレショニズムのアーティストです。その絵画や素描、そして彫刻は、ポートレート、風景、人物、動物という4つのカテゴリーに分けて展示されています。

ロッテルダムの「ホワイト・ヴィラ」

ヘンク・シャボットのコレクションは、美しい「ホワイト・ヴィラ」に展示されています。このロッテルダムのミュージアム・パーク内にある記念碑的な建物は、著名なオランダの建築家G.W.バースがデザインしたものです。シャボット美術館を訪れたあとには、ロッテルダムの街の数カ所にたつアートもシャボットの作品であることに気がつくでしょう。最もよく知られている彫刻は、戦争中にロッテルダムが爆撃されたことを表しています。

アート・ファンのためのシャボット美術館

オランダのエクスプレショニズムについてもっと知りたいアート・ファンに、是非訪れてほしい美術館がシャボット美術館です。ボーイマンス・ファン・ブーニンゲン美術館やクンストハルとあわせて見学するとよいでしょう。