エイケンホルスト宮殿

2 ビュー

エイケンホルスト宮殿は、ウィレム=アレクサンダー皇太子、マキシマ皇太子妃、そしてその子供達であるアマリア王女、アレクシア王女、そしてアリアーネ王女がかつて住んでいました。エイケンホルスト宮殿は、ワッセナー市の森の中にある、デ・ホルステン・エステートに位置しています。

デ・ホルステン・エステート

ワッセナーの地塁(ホルスト)は、元々、19世紀半ばにフレドリック王子が購入した3つの砂州浜でした。それ以来、オランダのロイヤルファミリーが所有しています。ラーッポルスト、テル・ホルスト、エイケンホルストという3つのエステートがまとまり、デ・ホルステンになりました。

デ・ホルステン・エステートで最も有名な建物の一つは、ワッセナー市庁舎であるデ・パーウ宮殿です。

N44幹線道路をデン・ハーグ方向に進み、レイクストラート通りに入るとすぐ、右手にデ・パーウが見えてきます。自転車なら、デン・ハーグからワッセナーまで30分かかります。そこからエステート道路(ランドグーテレ・ルーテ)を5キロ進むと、デ・ホルステン・エステートに到着します。

デ・ホルステンでウォーキング

エイケンホルスト宮殿は一般公開されていませんが、近くを散歩することはできます。デ・ホルステン・エステートは、豊かな森林の中にあり、数多くの人がハイキングを楽しんでいます。距離が1キロから7.5キロまでのトレイルがいくつかあり、一部は車椅子に対応しています。

歩いた後は、ティー・パビリオン・デ・ホルステンで、イェーガーテーと焼きたてパイを楽しむことができます。このティールームは、水曜日から日曜日、午前10時から午後5時まで営業しています。駐車場は、パーペ通りにあります。