コーヒーショップ

2,406 ビュー

コーヒーショップ

アムステルダムのコーヒーショップについて知っておきたいこと

読む

世界的に知られるオランダの「コーヒーショップ」。アムステルダム市内には、200店以上のコーヒーショップでマリファナやハシシなどのソフトドラッグが売られています。コーヒーショップは、1日に一人に対して5グラムまでのソフトドラッグを売ることがを許容されています。しかしオランダの法律では、全てのドラッグが違法であり、少量の個人使用を黙認する、という寛容政策をとっているのです。オランダの薬物政策は、何が合法で何が違法かを詳しく説明しています。なお、旅行者がソフトドラッグの購入・所持・利用の際は、自国の法律も確認しましょう。

  • 少量のソフトドラッグは容認されています。
  • ソフトドラッグの効果とリスクを詳しく知っておきましょう。
  • アムステルダムでは、200店以上のコーヒーショップでソフトドラッグを販売しています。

アムステルダムのトップ・コーヒーショップ

アムステルダムで、信頼できるコーヒーショップとして知られるショップ。

  • ザ・ブルドッグ
  • メロー・イエロー
  • バーニーズ・コーヒーショップ
  • グリーンハウス・ユナイテッド
  • ダンプクリンク

オランダの薬物政策

マリファナやハシシなど、カナビスの使用を黙認するというオランダの寛容な政策は、常に論争の的になっています。オランダの薬物政策の条項や、ソフトドラッグの影響やリスクに関する記事をしっかりと読んでください。カナビスは、使用しないことが一番安全であることをお忘れなく

ウェブサイトには、オランダのコーヒーショップ政策、およびオランダ南部のコーヒーショップ利用にあたって、5月1日に施行される新規制に関する、最新情報がオランダ語で掲載されています。