アムステルダムの花市場

3143 ビュー

アムステルダムの花市場

アムステルダムの有名な水上花市場でチューリップやその他の花を買って、ハッピーな1日にしましょう。

読む

アムステルダムの有名な水上花市場(地元では「Bloemenmarkt」として知られています)を訪れて、ハッピーな1日にしましょう。雨の日も晴れの日も、毎週月曜日から土曜日まで、市中心部のシンゲル運河沿いは鮮やかな色と新鮮な花の香りに満ちています。観光客・地元民を問わず利用しています。お庭に植えるチューリップの球根や観葉植物を持ち帰る他、オランダの定番の土産の楽しいセレクションもあります。

  • アムステルダムの象徴的な水上花市場は1862年に始まりました。
  • 毎週月曜日から土曜日まで新鮮な花や球根、苗木が売られています。
  • チーズやアムステルダムのクリスマス・ボーブルなど、オランダの定番の土産を見つけてください。

アムステルダムの花(その他)

アムステルダムの花市場は、市の中心部のユネスコの世界遺産に登録された環状運河地区にある、シンゲル運河の有名な象徴です。この市場の歴史は1862年に遡ります。当時、花卉栽培農家はアムステル川を通って商品をバージ船で市の中心部に運搬していました。現代の市場は固定されたバージ船から成りますが、それでもなお壮観です。それぞれのバージ船は、田舎のあちこちで見かける温室の縮小版のような温室が上に設置されています。このことからも、オランダは一年を通して国際的な花の人気スポットであることが分かります。チューリップ、水仙、ユキノハナ、カーネーション、スミレ、シャクヤク、蘭であれ、花市場では季節を問わず、必ずお気に入りの花が見つかるでしょう。さらに、観葉植物、ハーブ、種や球根も販売されています。

オランダのチューリップ

チューリップは、オスマントルコ帝国から初めて輸入した400年前のオランダの黄金時代以降、オランダ(特にアムステルダム)の代名詞となっています。今日、成長し続けるチューリップやその他の球根は巨大産業になっています。毎年春になると、花畑は鮮やかな色の花々が咲き乱れ、オランダのチューリップは最大の観光スポットになります。人気の高い場所は、キューケンホフ公園のフラワーガーデンとアールスメールのフローラ・ホランド(FloraHolland)で行われる花のオークションなどです。一方、アムステルダムでは毎年春にチューリップ・フェスティバルも開催されます。こうした名所のベストシーズンは、3月、4月、5月ですが、アムステルダムの水上花市場は、季節を問わず、いつでもチューリップを見つけられる最高のスポットです。

オランダの定番の土産

オランダの定番の土産を持ち帰って、オランダとアムステルダムでの経験をシェアしましょう。花市場のお花屋さんのほか、バージ船の近くにはお土産物屋さんがぎっしり集まっています。自宅の庭に彩を添える種や球根を購入する前に、必ず露店の店主と輸出規制について相談しましょう。包装され、輸出の事前承認を受けた物のみを選んでください。税関で保留されたり、物品税を課されたりする場合があります。少し時間をとって販売されている様々なオランダのチーズもお試しください。ゴーダチーズ以外にも味覚を刺激するものは豊富にあります。花市場の周辺にはキーホルダー、木製のチューリップ、ポストカードなどもたくさんあり、その他の心のこもった贈物はクリスマス・パレスで見つかるでしょう。ボーブルやその他のお祝いのデコレーションを専門とするこの店は、年中無休で営業しています。

周辺の観光スポット

アムステルダムの中心部に位置する花市場は、当然素晴らしいショッピングスポットに囲まれています。目と鼻の先にカルフェル通りとライツェ通りがあり、大通りのファッション系チェーンストアや地元企業であふれています。文化的なスパイ(Spui)広場は、市の主要書店の本拠地であり、美術市場や書籍市場も開かれています。映画ファンなら、トゥシンスキー劇場は絶対に見逃せません。贅を凝らしたアールデコ様式、緻密な装飾、壮麗なバルコニーのついた大ホールは一見の価値があります。

宿泊施設に関するアドバイス

手に花を携えて、市の中心部を通る運河クルーズで最高のアムステルダムを体験してください。オンラインでチケットを予約して、400年の歴史や建築、水上からの見事な眺望を堪能しに出かける準備をしましょう。

目的地