アムステルダムの観光地とランドマーク

アムステルダムでのプランはお決まりですか?数日間は予定がいっぱいになるほど、豊富なアクティビティが提供されています。例えば、運河でのボートツアーに参加したり、ハウスボートの見学などもできます。広場に沿ってベギン会修道院(Begijnhof)や飾り窓地区のワレン(「壁」の意)を散策してみてください。また、フォンデル公園(Vondelpark)や植物園(Hortus Botanicus)など、都市公園もお見逃しなく。

アムステルダムの観光地とランドマーク
  • 新教会

    名前に反して新しいものではなく600年以上の歴史を持つ教会。代々のオランダ王・女王の戴冠式が行われてきました。公式行事以外では、企画展などを開催し、見学することができます。

    読む
  • シンゲルの花市

    オランダ人の生活に欠かせないものと言えば生花。アムステルダムのシンゲル運河沿いの花市は、全長2キロ程の通りにバージ船に載ったお花屋さんやお土産物屋さんが並んでいます。

    読む
  • アムステルダム西教会

    1631年建設のオランダ最大のプロテスタントの教会。アムステルダムの一の高さを誇る85メートルの塔から市内を一望できます。50個のベルがあるカリヨンが美しい音色を響かせます。

    読む
  • カナルハウスミュージアム

    17世紀の歴史ある建物に、アムステルダム旧市街の運河地区が世界遺産に認定された2011年にオープン。市内の最も美しい運河のひとつヘーレン運河沿いにあります。

    読む
  • 旧教会

    アムステルダムで最も古い教会(13世紀建造)であるばかりでなく、最も美しい教会。航海の守護神である聖ニコラスを祭る小さなチャペルが、何世紀も経て現在の壮麗な形となりました。

    読む
  • アムステルダムの赤灯地区

    アムステルダムで最も有名な、かつ物議を醸している地域をご覧ください。

    読む
  • フォンデル公園

    フォンデル公園は、東京の日比谷公園のモデルになったとも言われています。45ヘクタールの園内はアムステルダム市民の憩いの場で、野外コンサートなど文化的なイベントも多数開催されています。

    読む
  • アムステルダムセ・ボス

    アムステルダムとスキポール空港の間にあるアムステルダム森林公園(アムステルダム・ボス)は137kmの散歩道、51kmの自転車道、50の橋があるヨーロッパ有数の公園です。

    読む
  • アムステルダム中央駅

    アムステルダム中央駅に設置されたライブ ウェブカメラをご覧いただき、この19世紀の素晴らしい建物の全貌を把握してからご旅行にご出発ください。

    読む
  • アムステルダムの地区

    アムステルダムの旧市街はいくつかの地区に分かれています。その中でも、ヨルダン地区、デ・パイプ地区など、お勧めの地区をご紹介します。徒歩観光が一般的ですが、地元っぽく自転車で巡るのもお勧め。

    読む
  • アムステルダムの広場

    最高のテラスと最大の市場がある広場はどこでしょう?アムステルダムの広場について、詳しくはこちらをご覧ください。

    読む
  • ハウスボート

    アムステルダムの運河に住む

    読む
  • マヘレのはね橋

    たくさんの橋が架かるアムステルダムで最も有名なのが、アムステル川にかかるマヘレ(やせっぽち)のはね橋です。ライトアップされた幻想的な風景をお見逃しなく。

    読む
  • 猫の博物館

    猫に関するオブジェが展示されている猫好きにはたまらないミュージアム。日本の伊万里焼の招き猫や、藤田嗣治が描いた猫の絵など様々なものを展示。ミュージアム猫にも出会えます。

    読む
  • ウェスターガステレイン(Westergasterrein)

    ウェスターガステレイン(Westergasterrein)は、トレンディなアムステルダムを演出する、文化の新しい発信基地です。

    読む
  • ダム広場

    アムステルダム中央駅から5分、アムステルダム発祥の地と言われるダム広場は、アムステルダムの最も賑やかな町の中心にあり、王宮、新教会、ナショナルモニュメントなどに面しています。

    読む
  • アムステルダムのベギンホフ

    アムステルダムの中心部、非日常的なベギンホフにあるホーテン・ハイス(Houten Huis)と隠れた教会を訪れてください。

    読む
  • アムステルダムの運河

    アムステルダムの運河、最大のみどころ

    読む