アムステルダムで最も狭い家

1688 ビュー

アムステルダムで最も狭い家

アムステルダムで最も狭い家を訪れて、オランダの黄金時代の生活に思いを馳せてください。

読む

見事な建築で知られたこの街で、アムステルダムの運河沿いに立ち並ぶ狭い家々は最も印象深い例に挙げられるでしょう。中でも3軒の狭い家は一際目を引きます。間口は2メートルより少し長いくらいで、一カ所から手を伸ばすと両方の壁にほぼ手が届きます。

  • アムステルダムで最も狭い家で、狭い階段を昇り、小さな部屋をご覧ください。
  • クローフェニールスブルグワル(Kloveniersburgwal)で、アムステルダムで最も広い家と最も狭い家を比較してみてください。
  • 赤灯地区にある最も狭い通りを下ってみましょう。

アムステルダムの特徴的な狭い家

アムステルダムで最古の家は、凝った切り妻造りのファサードと共に、オランダの宝です。こうした見事な建築物の例は、環状運河地区で見られます。オランダの黄金時代、建物の間口の幅に基づいて建築税が計算されていました。アムステルダム、そして世界で最も狭い家については議論がありますが、最も注目すべき例はシンゲル7番地、アウデ・ホーフ通り22番地、クローフェニールスブルグワル26番地にあります。

アムステルダムで最も狭い家に身体を押し込んで

通常、アムステルダムで最も狭い家と呼ばれる家は、1600年頃にアウデ・ホーフ通り(Oude Hoogstraat)に建てられました。幅はわずか2.02メートル、奥行きは5メートルで、各階に1つずつ小さな部屋があるだけです。この家での暮らしは極めて実用性に欠けていたに違いありません。現在、この家は「アムステルダムで最も小さなティールーム」として一般に公開されています。1階ではルーズリーフティーとスイーツを販売しており、2階は少人数のお客様に朝食やハイティーを提供するのに使用されています(要予約)。壁はかつての家の様子を垣間見ることができる写真やイラストで埋め尽くされています。

最も狭い間口の家を見学

シンゲル7番地の家の構造はユニークであり、間口の幅は1メートル弱です。2軒のはるかに大きい家に挟まれて建っている狭い家の正面から両腕を広げてポーズを決めると、印象的な写真が撮れるでしょう。ただし、これは家の裏側にすぎません。正面はかなり広くなっています。

アムステルダムで最も広い家と最も狭い家を比較

クローフェニールスブルグワル29番地にあるトリッペンハイスはアムステルダムで最も広い家であり、1660年~1662年にトリップ兄弟のために建てられました。この宮殿のような大邸宅は、1816年~1885年にはアムステルダム国立美術館となっていましたが、その後同美術館はミュージアム広場の現在の場所に移転しています。しかし、この印象的な新古典主義の建築は、通りの向かい側にある非常に狭い家の様式を反映したものです。トリップ家の御者が「ご主人様の家のドアほどの大きさでいいから、家が欲しいことだ」と言ったのを聞いて喜んだ兄弟が、この御者のために別宅を作らせたと言われています。

周辺の観光スポット

アムステルダムのトロンペッター通り(Trompettersteeg)も狭い都会の場所として珍しい例です。赤灯地区にあるこの非常に狭い通りの幅はわずか1メートルしかありませんが、1年中観光客や団体ツアーでにぎわっています。アムステルダムの中心部には他にも興味深い建物がたくさんあります。手の込んだ中庭、テラス、馬車置き場がある家なども通りから目につかない場所に隠れています。毎年9月に開催される「アムステルダム・ヘリテージ・デイズ」の期間中は、普段は一般公開されていないえり抜きの記念建造物、堂々とした大邸宅、個人の住居の中をのぞき見ることができます。

宿泊施設に関するアドバイス

 アムステルダムの建築の至宝を見物した後は、この街の一流ホテルで夜をお過ごしください。今まで見てきた狭い家よりもずっと広い宿泊施設を予約できます。

目的地