マーストリヒトの地下通路

1,254 ビュー

マーストリヒトの地下通路

1575年から1825年にかけて、マーストリヒトの西側に採鉱用の地下通路が掘られました。この地下通路は、町が包囲攻撃を受けた時に、敵に不意打ちをかける際にも使われました。冒険気分を満喫できる洞窟ツアーは、マーストリヒトおすすめのアトラクションです。

読む

1575年から1825年にかけて、マーストリヒトの西側に採鉱用の地下通路が掘られました。この地下通路は、町が包囲攻撃を受けた時に、敵に不意打ちをかける際にも使われました。冒険気分を満喫できる洞窟ツアーは、マーストリヒトおすすめのアトラクションです。

  • 18世紀から機能している14キロの防護壁
  • 第2次世界大戦中に25,000人の人々が避難した場所をご覧ください
  • 教育的な家族連れの外出.

地下通路の歴史

マーストリヒトは、マース川沿いの戦略的に重要な位置にあったため、幾度にも渡って包囲攻撃や外敵の侵入を受けてきました。そのためこの町は、7世紀もかけて町を包囲する市壁、城砦、防護壁を建設し続けてきました。約5千人の兵士を収容できる長大な地下迷路も、この町の防護の一環です。敵が接近してくると、どのように対処するべきかを熟知した兵士達が素早く行動に出て、町を守っていたということです。

地下通路のツアー

観光案内所(VVV)で、この地下通路のガイドツアーをアレンジしています。この史跡が果たした役割など、地下通路の全てをガイドが詳細に説明してくれます。車椅子での利用はできません。

貯蔵庫はマーストリヒトの地下通路の一部です。聖ピーターの洞窟や300年の歴史を持つ聖ピーターの砦にも訪れてください。

洞窟周辺でのご宿泊

マーストリヒトの中心部からちょっと外れた場所にあるホテルやB&Bをご予約ください。