デルフトのプリンセンホフ博物館

764 ビュー

プリンセンホフ博物館

デルフトの「プリンセンホフ博物館」(Het Prinsenhof) は、スペインとの戦争の間、オラニエ公ウィレム一世 が拠点としていた場所です。元々は16世紀の修道院だったこの博物館では、対スペイン戦争での勝利からオランダ共和国建国に至る経緯を詳しく説明しています。 現在のオランダ王家の人々は、オラニエ公ウィレム一世の子孫です。

読む

デルフトの「プリンセンホフ博物館」(Het Prinsenhof) は、スペインとの戦争の間、オラニエ公ウィレム一世 が拠点としていた場所です。元々は16世紀の修道院だったこの博物館では、対スペイン戦争での勝利からオランダ共和国建国に至る経緯を詳しく説明しています。 現在のオランダ王家の人々は、オラニエ公ウィレム一世の子孫です。

  • オレンジ公ウィリアムが暗殺された史跡を訪れてください。今でも壁に弾痕が残されています。
  • ネーデルラント連邦共和国の建国で幕を開けた、オランダの豊かで壮大な歴史を発見しましょう。
  • ヨハネス・フェルメール、ミヒール・ファン・ミーレフェルト、フーゴー・グローティウスなど、デルフトの画家や科学者が手掛けた傑作をご覧ください。

オラニエ公ウィレム一世

オラニエ公ウィレム一世の理想は実直なものでした。宗教の自由と寛大です。しかし、スペイン統治下でその理想は通用しませんでした。新教カルバン派のオランダと、カトリックのスペインとの戦いとなった革命の中で奮闘したオラニエ公ウィレム一世は、後にオランダ建国の父と呼ばれるようになりました。

1584年7月10日、オラニエ公ウィレムは、「プリンセンホフ」の玄関でバルタサール・ゲラルズによって殺害されました。2人の息子、マウリッツとフレデリック・ヘンドリックは、父の死後も戦いを続け勝利しました。

銃弾の跡

「プリンセンホフ博物館」は、オラニエ公ウィレム一世がどのようにスペイン軍に抵抗したかを物語ります。当時の物品、芸術、そしてオラニエ公ウィレム一世を倒した銃弾が残した壁の銃痕が、その壮絶な史実を彷彿させます。まさにオランダ史の重要な一幕です。

デルフトの宿泊施設

流行りのデザイナーズホテル、ロマンティックなB&B、それともご家族向けの居心地の良い貸別荘をお探しですか?デルフトでは、どんな嗜好にもご予算にも合う宿泊施設が見つかります。こちらから総合的なホテルのセレクションをご覧いただき、素晴らしい休暇をお過ごしください!

近場の見所をご覧ください
プリンセンホフ博物館
住所: 
Sint Agathaplein 1
2611HR デルフト