ロッテルダムの建築

ロッテルダムは、その迫力あるスカイラインから、“マース川のマンハッタン”との異名もあります。建築の街としてその名を馳せるこの街に、「オランダ建築協会」が拠点を構えるのも頷けます。

  • マースタワー

    ロッテルダム、オランダ、ベネルクス三国で最も高いタワーを紹介します。

    読む
  • ファン・ネレ工場

    オランダで10番目のユネスコの世界遺産に認定された「オランダの近代主義の象徴」。1920年頃、コーヒー、紅茶、煙草を生産する工場として建てられた当時、最先端の建築。

    読む
  • オランダ建築協会

    世界有数の建築関連のコレクション。公共建築、工業インテリア、グラフィックデザインなど国内外の建築に関する動向をチェック出来る展示は、一般の建築好きの方にもとっても興味深い内容。

    読む
  • ニュー・ルクソール劇場

    未来に向けてデザインされた劇場

    読む
  • デ・キフフック

    1930年の革新的な社会住宅

    読む
  • ロッテルダムのキュービックハウス

    1984年にデザイナーのピート・ブロムにより設計されたロッテルダムのシンボル的な建築。40軒のサイコロ型の住宅が繋ぎ合わさり、ユースホステルになっている棟もあります。

    読む