チーズ

オランダ人は「チーズヘッド」と呼ばれています。考古学的発掘により、オランダの国土では何千年も前にチーズが作られていたことが証明されています。このような低地国でチーズ生産が盛んであることに驚いたと、ジュリアス・シーザーの戦記にも書かれています。チーズ頭と呼ばれるほどチーズ好きのオランダ国民ですので、チーズは最初、個人消費用に製造されていました。オランダがチーズを輸出し始め、「チーズの国」としての国際的評価を得たのは中世でした。

チーズの魅力を発見するスポットのトップ4
チーズについてさらに詳しく
  • オランダチーズの種類

    たいていの人は、たとえ食べたことがなくても、ゴーダチーズやエダムチーズの名前は聞いたことがあるでしょう。ぜひ他の種類のオランダチーズも試してみてください。

    読む
  • オランダチーズのブランド

    オランダにとってチーズ産業は経済発展のかなめです。チーズと花は、オランダの輸出の大部分を占めています。

    読む
  • オランダチーズのお店

    アムステルダムに行ったら、いくつものチーズ店に足を運び、オランダの各地方のチーズを試食してみてください。

    読む
チーズの町を訪れる

はい、チーズ

  1. Denise Kortlever

オランダは「チーズの国」として見られることが多く、オランダのゴーダチーズやエダムチーズは世界中でよく知られています。しかしながら、オランダのチーズ製造者はそれよりはるかに多くのチーズを提供できます。

読む

「イエローゴールド」を味わう

現在、オランダチーズの製造は乳製品工場で行われており、何億トンものチーズが毎年生産・輸出されています。盛んなチーズ貿易の昔の姿を思い起こさせてくれるアルクマール、ゴーダ、そしてエダムの市場は、観光客の人気アトラクションになりました。オランダ人は今でもチーズが大好きで、一人当たり1年に7ポンドも消費しています。

ジュリアス・シーザーのように、オランダチーズの種類の多さに驚きながら、オランダの「黄金」を味わってみてください。

チーズについてさらに詳しく