風車

世界初の風車は古代に発明されましたが、この木造の巨人と本当に意気投合したのはオランダ人でした。平地の国オランダでは、風が常に吹いており、風車がマッシュルームのようにあちこちに建てられたのです。風車は、製粉、製材、揚水、製紙、製油などに使用されていました。木材、ペンキ、油、紙に加え、パンやマスタードの製造を、風車と風に依存していました。さらに、湖から水を汲み上げるため、また干拓地を乾いた状態に保つために風車が使用されていました。 

オランダ風車の日

風車守を訪ね、オランダの風車の羽を回すお手伝いをしましょう。

読む

風車に関する詳細

真の美しさ

ナポレオンがザーンセスカンスを訪れたとき、「類いまれなる場所だ」と称えたと言われています。600基の風車が世界初の工業地帯を構成していました。現在、250年の時を経た風車公園は、雄大なオープンエアミュージアムとなっています。世界最大の風車5基は、スヒーダムにあります。スヒーダムの風車は高さ130フィート (40m) で、ジンの製造に大きな役割を果たしました。美しさなら、キンデルダイクで干拓地の排水用に建造された19基の風車が一番です。キンデルダイクはユネスコの世界遺産に登録されており、典型的なオランダの景観に溶け込んだ水管理システムの傑作です。オランダには、写真に収めることができる風車が千基以上ありますので、カメラを忘れずご用意ください。

ホテル検索 目的地