オランダのパンのトッピング

10 ビュー

オランダ人は、パンとパンのトッピングなしでは1日たりとも生きてはいけません。「ロッヘブロート(roggebrood)」と呼ばれるライ麦パン、「ベスハウト(beschuit)」、「オントバイトクック(ontbijtkoek)」、「クレンテンボーレン(krentenbollen)」など、オランダ人は朝食にも昼食にもパンを食べます。そのため、おのずとパンのトッピング(お好みでサンドイッチの中身にも)の種類も豊富となったのですソーセージやチーズもあり、チーズに関してはそれこそ種類豊富ですが、甘いトッピングも人気があります。アップルシロップやチョコレートペーストなどの甘いスプレッドや、「スペキュラース(speculaas)」、それに「ハーゲルスラッハ(hagelslag)」(粒状のチョコレート)や、オランダ語で「何百、何千の」という意味の「マウシェス(muisjes)」のような粒状の甘いトッピングも種類豊富です。オランダ人ではなくても楽しめるものばかりです。

ハーゲルスラッハ

「ハーゲルスラッハ」は、オランダで一番人気のあるトッピングです。ミルクチョコレート、ホワイトチョコレート、ダークチョコレートでできた小さな粒は、食べ物と言うよりケーキのデコレーションのようです。ハーゲルスラッハが最初に作られたのは1936年、5歳の男の子がVenzのCEOにパンのトッピングをチョコレートで作って欲しいとおねだりしたのがきっかけでした。今や、Venzのトッピングは、どのスーパーマーケットの棚にも見つけることができます。

くせになる味

オランダに来たら、パンのトッピングをぜひお試しください。どのスーパーマーケットにも置いてありますし、ホテルの朝食で出されることもあるでしょう。ただし、ひとつ言っておきます。外国にいるオランダ人はパンのトッピングをオランダから空輸で取り寄せるほどです。くせになるのでご注意を。