ジュネヴァ

1 ビュー

「ジュネヴァ」、つまりダッチ・ジンは、多くの代表的なオランダのアルコール飲料の中で最も良く知られています。元々は、ネズの実のエキスが加えられたモルトワインでした。19世紀後期以降、生産者はよく中性エチルアルコールを加えるようになりました。オランダのほぼすべてのパブは、「ヤング・ジュネヴァ」(若い)または「オールド・ジュネヴァ」(熟成)として販売しています。「ジュネヴァ」の消費は次第に減っているものの、まだ、オランダで群を抜いて人気のある強いリキュールです。

医学的に正当と認められる?

既に中世にオランダ人は、「brandewijn」、つまり、ブランデーとして知られている蒸留酒を飲んでいました。このようなアルコール飲料は、多くの場合に医療の目的に適い、特にペストの流行期に多量に利用されました。古くから特定のハーブが加えられ、有益な医療効果が高められました。ネズの実が加えられた種類のものは特に人気がありました。

カクテルトーク

オランダのパブは「ジュネヴァ」を取っ手のないグラスかショットグラスに入れて出します。通常、グラスからあふれ出る寸前までなみなみと注がれるため、バーテンダーはいつも空グラスを出してお客様の目の前で注ぎます。グラスがまだバーまたはテーブルに置かれている間に最初のひとくちをすすります。オランダで「ジュネヴァ」を味見する予定の場合、必ず適度にお楽しみください。40%を超えるアルコールを含有し、不用心な消費者の頭を強く打つことで知られています。