キャンディ

オランダ人はキャンディが大好き!毎年12月5日に、オランダでは「シンタクラース」という子どものための伝統的なお祭りを祝います。お祭りではさまざまな種類のキャンディが大きな役割を果たします。そこにはチョコレートの文字や「スペキュラース」ジンジャークッキー、または「ターイターイ」人形や「ボルストプラート」、マジパンがあります。これはオランダ人が典型的なオランダのキャンディを食べることができる数多くの機会のうちのほんの1つにすぎません。大みそかにも揚げドーナツ「オリボレン」やりんごのパンケーキなどの伝統的なお菓子があります。

リコリス

オランダにはさまざまな種類の菓子やキャンディがあります。それだけは間違いありません。最も美味しいものとしては、「ドロップ」またはリコリスが挙げられます。この特別なキャンディは塩化アンモニウム(サルミアク)とアラビア・ゴムで作られています。この「サルミアク」フレーバーは、大部分のツーリストがこの味、とりわけしょっぱいリコリスと共に慣れる必要があります。リコリスを食べるのが初めてであれば、柔らかくて甘い菓子が欲しくなるでしょう。また、ドロップショットと呼ばれる液体のアルコールの種類でも提供されています。

一時的に入手できます

もちろんキャンディはどこでも売っています。しかし特にシンタクラースやイースターなどの祝祭日と関連したキャンディの種類は一年中手に入れられるわけではありません。お祭りシーズン前の期間中だけ買うことができます。絶対に食べてみる価値がありますよ!