ベームスター干拓地

1607年から1612年にかけて、海抜マイナス3.5mの内海地域が42基の風車で干拓されました。世界遺産に登録されたベームスター干拓地は、長方形の格子で区画整理された、歴史上にも珍しい貴重な干拓地です。

新しい土地を形作る 

ベームスター干拓地は、創造的な都市計画の傑作、そして人と水との戦いの好例でもあります。干拓が完成した1612年、肥沃な粘土地が姿を現しました。土地は長方形の区画で整備され、耕地として貸し付けられたり、牧畜業者に利用されました。貿易商たちは立派な邸宅を建て、新天地に財産を築いたのです。 

ユニークなランドスケープ 

かつては水、そして今は陸地。この特徴的なベームスター干拓地のランドスケープの背景には、17世紀の理想や世界観があります。果てしなく続く平らな土地と、美しい邸宅が並ぶ風景を楽しんでください。