アムステルダムの運河

33 ビュー

運河を満喫せずして、アムステルダムを見尽くしたとは言えません。運河はこの街の象徴であると同時に、文化的、歴史的に重要な価値を持っています。
アムステルダムの17世紀の運河地区は、2010年、ユネスコの世界遺産リストに加えられました。

アムステルダム運河の見どころ

どの運河も美しく絵になるのですが、いくつかの見逃せない見どころがあります。

ゴールデンカーブ:ライチェ通りからファイゼル通りにかけた地区には、最も美しく豪華なカナルハウスが並んでいます。
15の橋を一望するポイント:レギュリルス運河とヘーレン運河の角に架かる橋からは、15の橋が一望できます。通りの奇数番地側から眺めてください。

マハレの跳ね橋:マハレの跳ね橋(やせた橋)は、アムステルダムで最も絵になる橋です。夜になるとロマンティックなイルミネーションが点灯します。

カナルツアー:船で行くカナルツアーに参加して、美しい運河やカナルハウスを水上から楽しんでみましょう。アムステルダムでは、多くのカナルツアーが実施されています。

世界遺産となったアムステルダムの運河

ユネスコは、この街の運河を普遍的価値のある文化遺産と認めました。アムステルダム市も、運河のメンテナンスと保護に力を入れています。

「北のベニス」と呼ばれるアムステルダムの運河の魅力を発見しましょう。

自然について読む