ウィレム=アレクサンダー、オランダの新国王

9 ビュー

ウィレム=アレクサンダー国王陛下は1967年4月27日、ベアトリクス王女と故クラウス殿下の長男として生まれました。その後、フリーゾ王子(1968~2013)とコンスタンティン王子(1969)の2人の弟が生まれました。長男のウィレム=アレクサンダーは、2013年4月30日、王位を継承し、正式な称号はウィレム=アレクサンダー国王陛下です。

ウィレム=アレクサンダーの経歴

中等教育を終了後、ウィレム=アレクサンダー皇太子は、オランダ王立海軍で兵役を務めました。1987年からライデン大学で歴史を学び、1993年に修士号を取得。軍操縦士の資格を取得した後、Netherlands Defence College(IDL)に入学しました。そこでは、ウィレム=アレクサンダー皇太子のために特別に作られた入門プログラムにより、オランダ社会、政府および司法制度についての理解を深めました。

2002年2月2日、世界中が見守る中、ウィレム=アレクサンダー皇太子はマキシマ・ソレギエタとおとぎ話のような結婚式を挙げました。2003年12月7日、皇太子とマキシマ妃の第一子、カタリナ=アマリア王女が誕生。そして、数年でアマリア王女に2人の妹ができました。アレクシア王女は2005年6月26日、アリアーネ王女は2007年4月10日に生まれました。現在、一家はワッセナー市のデ・ホルステン・エステートに住んでいます。

ウィレム=アレクサンダーの任務

即位の前に、ウィレム=アレクサンダー皇太子は、数多くの特定の役割を果たしたほか、水管理、インフラとICT、スポーツ、国防などの現代社会のさまざまな側面に取り組みました。

国王としての役割において、ウィレム=アレクサンダーは国家元首、言い換えれば、侵すことのできない政府の一部です。ウィレム=アレクサンダー王は、署名行為、政府関係者から宣誓を受け、儀式の任務を果たします。これには、国家元首の歓迎、国賓としての訪問、重要な社会諸機関の周年記念行事への出席、国家規模の災害の被災者慰問や支援などを伴います。