オランダの運河の歴史

オランダの人々は常にオランダの陸地からポンプで水をくみあげ、その水を注ぎ込むために運河を建造し、その運河を移動、かんがい、排水に利用してきました。アムステルダムの有名な運河は、(オランダの人々が水におぼれることなく頑張り続けられるようにするための)優れた都市計画から生まれたものであり、交通用の追加の道路として容易に機能を果たします。ライデンやデルフトも運河交通を念頭に置いて設計されました。最近では、水路を航行する運河バスだけでなく、レストランボート、ハウスボート、その他ありとあらゆる種類のボートが半円形であることが多い運河をよく通っています。気の利いた工夫として、都市を囲む外側の運河は、都市を外部の侵入者から防衛する一種の堀としての役割を果たしてきました。

現代のオランダの街の運河配置

アムステルダムは、17世紀にアイ湾に面し同心円状に運河を張り巡らさせて造られました。住宅開発を念頭に置いて3つの運河が設計されました。4番目の一番外側の運河は、過剰水管理だけでなく防衛用にも建造されました。これらの水路は、運河を放射状に、扇形にして相互に連結されました。建造は西から東へ行われ、東部のかんがいに長い時間がかかりました。デルフトは運河を格子状に配置して長方形に造られています。アムステルダムのジャワ島は、より現代的な運河技術を見るのにふさわしい場所です。

真のオランダ

アムステルダムまたはオランダのその他の主要都市を訪れている場合、運河でしばらく過ごしたいと思うことでしょう。運河の歴史は、都市やツアーに深く溶け込み、ほとんどのツアーに運河が含まれています。ただ、水上から運河を見る機会を望んでいるだけの場合、特にアムステルダムで水上タクシーに乗ると、他のツアーにかかるお金を節約しながら見物するのにうってつけの方法となるでしょう。