ロッテルダム・マースフラクテ

2 ビュー

1960年代、オランダは、ロッテルダム港に向け、マース川(Meuse)河口に広い陸地を造りました。大きなリング型の堤防を造り、北海の砂を投入することによって、水上の航路を確保しつつも、より多くの大型船を受け入れることができるようになったのです。

ツイード・マースフラクテ

当局はこのほど、マースフラクテ西側隣接地へのロッテルダム港第二次拡張を決定しました。ロッテルダム港に2,000ヘクタールの面積が付け足されることになり、割合にすれば20%の拡張となります。世界最大の港の地位を取り戻すため、ロッテルダムはこの計画に打って出たのです。

アクセス

新しくできる港は、水路、陸路ともにアクセスでき、主にコンテナ引き渡し、流通産業、化学産業のために使われることになります。これらは、将来最も成長する見込みのある産業として期待されています。いずれにせよ、2つの新しいマースフラクテは、オランダの巧みな水管理の例を示しています。