アウトドアに最適な北部

ドレンテ州、フローニンゲン州、フリースランド州は、アウトドアに最適な北部として知られています。平坦な北部には、オランダ有数の魅力的な自然があり、湖や運河は、ヨーロッパ最大の水路網を形成しています。フローニンゲン州やドレンテ州には、牧歌的な風景が広がります。サイクリング、ハイキング、セイリング、そしてサーフィンなど、さまざまなアウトドアアクティビティを満喫できるのが、この北部州です。

フローニンゲン州

フローニンゲン州は、オランダの北東部にある州です。東はドイツのニーダーザクセン州に、南部はドレンテ州に、西はフリースランド州に、そして北はワデン海に接しています。州都は州名と同じフローニンゲンで、大学の町として知られています。ショッピングや文化的イベント、ナイトライフも楽しめる活気のある町です。

フリースランド州

フリースランド州は、農業が盛んです。白と黒の有名なフリージアン牛、フリージアン馬も、この州で生まれました。観光の目玉は、南西の湖や、北部のワデン海で、観光収入は州の経済を支えています。毎年、大勢のウォータースポーツファンがフリースランドを訪れます。アイススケートも盛んで、冬になると条件が整えばほとんどの人がスケートを楽しんでいます。

ドレンテ州

ドレンテ州は、オランダの他の地域に比べて、人口が少ない牧歌的な地方です。その昔、オランダはこの地方を、“荒れ地”として見る傾向もありました。しかしこのエリアこそ、数こそは多くありませんが先史時代から人類が住んでいた場所なのです。その顕著な証がフンネベデンと呼ばれる支石墓で、紀元前3000年頃につくられたといわれています。牧歌的な風景とならんで、このフンネベデンも、是非一度見学しておきたいスポットです。