ワデン海エリア

オランダのワデン海

オランダのデン・ヘルダーと、デンマークのエスビェルグの間には、世界的にも非常にユニークな自然体系を持つエリアがあります。ワデン海は、引き潮と満ち潮が創り出す、砂と水の独特の世界があります。ワデン海には、まるで真珠のネックレスのように島々が点々と浮かび、ワデン海の浅瀬を守っています。オランダには5つの島があり、それぞれ独自の雰囲気と特徴を持っています。5つの島、5つの魅力があるのです。

引き潮と満ち潮

ワデン海は、無数の生命の宝庫です。1日に2回、満ち潮が北海の海水とともに海の沈殿物やプランクトンを運んできて、引き潮の時に砂の中にそれらを残していきます。浅いワデン海は、夏になると水温が急激にあがるので藻類や海草類も、早く成長します。これらがワデン海の魚や水鳥、アザラシの生態系を支えるベースになっているのです。

ワデン諸島

ワデン海と同様、ワデン諸島にもたくさんの生命が息づいています。野生の生態系は非常に興味深いものですが、その他にも、文化、スポーツ、レジャー、そしてのんびりとくつろげるテラスなども満載です。どの島にも、静かで広々としたビーチ、砂丘、豊かな動植物の生態、大きな空や北海やワデン海を見渡せる壮大な眺めがあります。一方、テッセル島、フリーランド島、テスヘリング島、アーメランド島、スヒールモニクオーホ島には、それぞれ独自の特徴と魅力もあります。各島間は、船で行き来ができるので、いくつもの島を渡り歩いてみるのも楽しいかも知れません。