ティルブルフにあるフィンセントのアートルーム

135 ビュー

フィンセント・ファン・ゴッホは13歳のとき、ティルブルフで初めて素描のレッスンを受けます。2009年、この地にフィンセントのアートルーム(Vincents Tekenlokaal)が設立されました。ここには20個のデジタル画板があり、訪問者はデジタルのペン、チョーク、鉛筆、油絵具、絵筆、スパチュラ、グラフィティ用スプレーを使用できます。

  • フィンセントのアートルームを訪れて、ゴッホが初めて素描のレッスンを受けた場所をご覧ください。
  • ゴッホの師であったコンスタント・ハイスマンスについてご紹介します。
  • 超近代的なデジタルドローイングクラスで素描を体験してみましょう。

1866年、13歳の少年であったフィンセント・ファン・ゴッホは、ティルブルフに移り住み、国立高等市民学校、ウィレム2世校に進学しました。この学校で当時有名な素描家であったコンスタント・ハイスマンスから初めて素描のレッスンを受け、素描と油絵に対する情熱を見出しています。コンスタント・ハイスマンスのレッスンは、ゴッホのスタイルに非常に大きな影響を永続的に与えたと言われています。

デジタルドローイングクラス

「オランダ最高峰の素描のクラス」と言わしめた、現在と過去が交差するフィンセントのアートルーム。ここでは当時フィンセントが参加した授業を体験できるだけでなく、超近代的なデジタルドローイングクラスで自らデジタルドローイングを体験できます。アーティストやイラストレーターが定期的に居合わせて見学者を手伝ってくれるので、ご家族みんなで存分にお楽しみいただけます!

フィンセントのアートルームは、ティルブルフのスポールラーン通り(Spoorzone)のOntdekstation013にあります。素描とテクノロジーが出会う場所です。

開館時間は土曜日の13:00~17:00、日曜日の11:00~17:00です。その他の曜日は予約制です。

編集者のオススメ

フィンセントのドローイングルームから、素晴らしいサイクリングルートはゴッホが通った学校のある地域を通っています。

近場の見所をご覧ください
フィンセントのアートルーム
住所: 
Burgemeester Brokxlaan 20
5041SB ティルブルフ