フランス・ハルス

524 ビュー

フランス・ハルス

ハルスは、1583年にベルギのアントワープに生まれましたが、3歳の時にオランダに移り住みます。1603年にはカレル・ファン・マンデルに師事。1610年にはアネケ・ハルメンスドフテルと結婚し、ハーレムの画家のギルドに加盟しました。

読む

オランダ黄金時代の偉大な巨匠の1人であるフランス・ハルス。ハルスが描いた肖像画や「schutterstukken」(自警団の集団肖像画)は世界的に知られています。同時代の画家たちに比べ、フランス・ハルスの画風は自由闊達で生き生きとしています。ハルスの大胆な筆さばきは、作品に命を吹き込んでいるかのようです。フランス・ハルスの作品はハールレムのフランス・ハルス美術館、デン・ハーグのマウリッツハイス美術館、アムステルダムのアムステルダム国立美術館でご覧になれます。

  • フランス・ハルスは1583年に生まれました。
  • 特に肖像画や「schutterstukken」(自警団の集団肖像画)で知られています。
  • フランス・ハルス美術館、マウリッツハイス美術館、アムステルダム国立美術館でフランス・ハルスの作品をご覧ください。

フランス・ハルスの生涯 

ハルスは、1583年にベルギのアントワープに生まれましたが、3歳の時にオランダに移り住みます。1603年にはカレル・ファン・マンデルに師事。1610年にはアネケ・ハルメンスドフテルと結婚し、ハーレムの画家のギルドに加盟しました。 

ハルスは「射撃隊組合」の絵を5枚描きました。その一作目を制作したのは1616年。そして最後は、1639年に描かれました。ハルスは弟子もとりました。14人の子供の内、5人は彼の弟子でもあり、84才で亡くなるまで絵を教え続けました。ほぼ全生涯を過ごしたハーレムに埋葬されています。 

フランス・ハルスの作品 

フランス・ハルスは、集団肖像画、個人の肖像画や人々の日常を描きました。特に有名なのが、「射撃隊組合」の集団肖像画です。この肖像画の依頼を受けることは、とても栄誉なことで、一流の画家である証でもあります。フランス・ハルスは、生涯で5度もこのような発注を受けました。 

フランス・ハルスは、新しい表現を取り入れました。 鮮明に表現された人物が、いまにも動き出しそうな描き方。それは、ハルスが一瞬を切り取り、キャンバス上で再現する方法を熟知していた証です。フランス・ハルス美術館に行くとわかりますが、ハルスの集団肖像画を見ていると、描かれている人々の邪魔をしてしまったような錯覚さえ覚えます。 

フランス・ハルスの作品は、時代の先を見すえていたかのように、19世紀の芸術にも大きな影響を与えました。モネ、コルベ、そしてマネなどの印象派の巨匠たちも、フランス・ハルス美術館を訪れ、その作品に見入りました。 

フィンセント・ファン・ゴッホもフランス・ハルスの作品から多大な影響を受けました。ゴッホは弟のテオ宛の手紙に次のように書いています。「フランス・ハルスの作品をこの目で見れるとは、この上ない喜びである。世にあふれている絵画とは全然違う。他の画家たちはあらゆるものを入念に、同じやり方で取り繕っているだけだ。」

フランス・ハルスの作品を見るには 

ハーレムのフランス・ハルス美術館には世界最大のフランス・ハルスのコレクションがあります。この美術館にはフランス・ハルスに影響を受けた画家達の作品も多く展示されており、何故、フランス・ハルスが高い評価を受けているのかが理解できるでしょう。 黄金時代の他の芸術家の作品に加え、マウリッツハイス美術館とアムステルダム国立美術館は、フランス・ハルスの作品を数点所蔵しています。  

近場の見所をご覧ください
フランス・ハルス
住所: 
Groot Heiligland 62
2011ES ハーレム
ウェブサイトをご覧ください
営業時間&チケット