フィンセンター | ゴッホの村ニューネン

84 ビュー

ゴッホの村ニューネン

芸術家として最初の数年間を過ごしたゴッホの村ニューネンでは、フィンセント・ファン・ゴッホの生活や作品について、またこの村の何がゴッホに刺激を与えたのかを学ぶことができます。

読む

フィンセント・ファン・ゴッホの人生や作品について、また、ニューネンで芸術家として最初の数年を過ごした間にゴッホに刺激を与えたものは何だったのかを学ぶことができます。

  • ゴッホの村ニューネンでは、ゴッホの人生で重要な役割を果たした21カ所のゆかりの地をたどりながらウォーキングやサイクリングを楽しむのはいかがでしょうか。
  • フィンセンター博物館を訪れて、ニューネンでのゴッホの生活や作品をご覧ください。

1883年、ゴッホが30歳の頃に両親の住むニューネンに戻って2年間この地で過ごします。この期間、とりわけ父親の死を経験するなど困難な時期であったにもかかわらず、ゴッホは完全に絵画制作にのみ集中していました。この地で全作品のうち4分の1以上を制作しました。

「馬鈴薯を食べる人々」の背景

ゴッホは美しい景色とニューネンの周辺に暮らす人々の素朴な生活に触発され、これらをキャンバスに描いて記録しました。まさにこの地が最初の最高傑作「馬鈴薯を食べる人々」を制作した場所であるというのも全く驚くことではありません。

画家としてのゴッホの世界

フィンセンター博物館では、ニューネンでのゴッホの生活と作品について、インタラクティブな資料を通してたくさんのことを学べます。ゴッホが生きていた時代に思いを馳せ、最初の素晴らしい絵画の制作中にこの画家を突き動かし、刺激を与えたものが何だったのかを探ってください。また、フィンセンターはゴッホの生活と作品で重要な役割を果たした21カ所のゆかりの地を巡るウォーキングツアーとサイクリングツアーの開始地点でもあります。

近場の見所をご覧ください
ゴッホの村ニューネン