ティルブルフにあるフィンセントのアートルーム

43 ビュー

フィンセントのアートルーム

フィンセントのアートルームは、フィンセント・ファン・ゴッホが13歳の少年の頃に初めて素描のクラスを受講した場所に建てられています。過去と現在が交差する歴史ある場所です。

読む

フィンセントのアートルームは、フィンセント・ファン・ゴッホが13歳の少年の頃に初めて素描のクラスを受講した場所に建てられています。過去と現在が交差する歴史ある場所です。

  • フィンセントのアートルームを訪れて、ゴッホが初めて素描のレッスンを受けた場所をご覧ください。
  • ゴッホの師であったコンスタント・ハイスマンスについてご紹介します。
  • 超近代的なデジタルドローイングクラスで素描を体験してみましょう。

1866年、13歳の少年であったフィンセント・ファン・ゴッホは、ティルブルフに移り住み、国立高等市民学校、ウィレム2世校に進学しました。この学校で当時有名な素描家であったコンスタント・ハイスマンスから初めて素描のレッスンを受け、素描と油絵に対する情熱を見出しています。コンスタント・ハイスマンスのレッスンは、ゴッホのスタイルに非常に大きな影響を永続的に与えたと言われています。

ユニークな教室の復元

フィンセントの通った学校は、ティルブルフの中央広場にあった国王ウィレム二世の元の宮殿にありました。今日、この建物はティルブルフの市庁舎として機能しています。この美しい建物の地下には、ファン・ゴッホが授業に参加したと言われる場所の復元も含まれます。

デジタルドローイングクラス

「オランダ最高峰の素描のクラス」と言わしめた、現在と過去が交差するフィンセントのアートルーム。ここでは当時フィンセントが参加した授業を体験できるだけでなく、超近代的なデジタルドローイングクラスで自らデジタルドローイングを体験できます。アーティストやイラストレーターが定期的に居合わせて見学者を手伝ってくれるので、ご家族みんなで存分にお楽しみいただけます!

編集者のオススメ

フィンセントのドローイングルームから、素晴らしいサイクリングルートはゴッホが通った学校のある地域を通っています。

近場の見所をご覧ください
フィンセントのアートルーム
住所: 
Stadhuisplein
ティルブルフ