ビールはいかがですか?

296 ビュー

48 人中 74 人の訪問者がこの情報が役に立つと考えています。

ビールは、人類誕生の頃からオランダで造られてきました。ビールは主に修道院で醸造されていましたが、ここ数百年は、大きな醸造所がオランダ国外にもビールを販売するようになってきました。そのような醸造所の中には、ツアーを開催している所もありますが、パブやテラスでもビールを楽しむことができます。ほとんどのパブで、有名ブランドのビールを樽から飲むことができますが、一方で多くの名産ビールも楽しむことができます。名産ビールとは、地元の小さな醸造所が造る特製ビールのことです。名産ビールは驚くべきおいしさを秘めているため、ご注意ください。

  • アムステルダムの醸造所を見学するツアーにご参加ください。
  • 地元のパブで名物ビールを試してみましょう。
  • 交流をお楽しみください!

昔も今もおいしい

ビールは、今では、楽しんだり、リラックスしたりするために飲むものですが、数百年前は、安全に飲むことのできる数少ない飲み物のひとつでした。水は汚染されていることが多く、牛乳はすぐに悪くなってしまうからというのが理由でした。ビールは、沸騰させた水から造られ、ホップが殺菌プロセスに役立っているため、昔は大人から子どもまで幅広くビールを飲んでいたのです。多くの村が自前で構えていた小さな醸造所は、現代にも小さな醸造所としてオランダ中に数多く残っています。

ビールを片手にオランダを満喫してください

オランダ人は古臭いパブ「bruine kroegen」でよくビールを飲みます。このようなカフェはほとんどの市町村にあり、「gezelligheid」と呼ばれるオランダならではの雰囲気があります。対応する英語がない言い回しですが、心地よく、リラックスした、友好的で社交的なものを意味します。

ほとんどのパブでは0.25リットルグラス(米国のハーフパイント程度)でビールを提供しています。オランダ人は一般的に気さくなので、バーで座っている間は気軽に会話を始めてください。

醸造所見学

ハイネケンの醸造所はかつてアムステルダムの中心部にありましたが、現在ではハイネケン・エクスペリエンスとして生まれ変わっています。中ではビールの醸造とハイネケンの会社について学べる大人気のインタラクティブ・ツアーが開催されています。

ブロイエライ・テ・エイ(Brouwerij ‘t IJ)は小さな独立系ビール醸造所で、アムステルダムの風車の中にあります。定番ビールと季節限定ビールを醸造しています。隣接するカフェはビールを飲んでみたり、素敵なテラスを楽しむのにぴったりです。

いつでもおいしい

長い1日が終わったら、良い感じのパブを見つけて、バーテンダーと話してアドバイスを得てみてください。有名なオランダビールを樽から飲むか、特製ビールを瓶から飲むか、いずれにせよオランダビールはいつでもおいしく、渇きを癒すのに最高の飲み物です。乾杯!