オランダのサイクリング規則

1,415 ビュー

98 人中 180 人の訪問者がこの情報が役に立つと考えています。

自転車は街や田園地帯を回る移動手段として最適です。自転車専用道路では安全なルートを進むこともできます。道中には飲み物や軽食を楽しんだり、電動自転車を充電できる場所がたくさんあります。 

交通規則―自転車版

多くの道路には特定の「自転車用道路」があり通常道路と区別されています。その道路には専用交通信号と交通規則があります。交通過密地区では、トンネルや橋がサイクリストを交通ラッシュから分離して最大の安全性とスピーデイな旅行を確保します(同時に息切れも最小に押さえます)。自転車用道路や回り道には道路案内標識や交通標識が設置され、時には代替ルートも表示されます。自転車レーンと自転車ルートには自動車レーンと同じ種類の交通信号がありますが、オランダのサイクリストたちはかなり挑戦的で信号無視をすることでよく知られています。これは「事故の責任は常に車にある」的法律がそうさせるのかも知れませんー2トンもある金属の塊に囲まれれば、事故に巻き込まれた無防備な自転車の人間が相手を指差して非難することは難しいことです

移動も楽々

オランダの交通規則は容易に学習できます。あなたが時間を無駄にしない精力的なサイクリストを目指すなら、都会と田舎をサイクリングするのがこの国とこの国の人々を知る最善の方法のひとつです。風景の素晴らしさにつられて、サイクリングに馴れていない人も同じようにいろんな場所で乗り回すことができます。自転車ツアーは田園地帯を道に迷わずに訪れたり、あるいはアムステルダム、ユトレヒト、ハーグ、ロッテルダムなど美しい大都会を見て回る方法として人気があります。自転車レンタルは都心ならどこでも利用できます。

オランダの一般的なサイクリング規則:

  • 自転車での並走が許容されるのは2人までです。
  • 自転車での並走が交通を妨げる場合は1列になって走行します。
  • 次の標識がある場合、赤信号で右折ができます。rechtsaf voor fietser vrij」(サイクリストは右折可能)
  • チャイルドシートに乗せる場合のみ、8歳未満のお子様を同乗させることができます。
  • サイクリスト同士がすれ違う場合は左側を走行します。他の車両の場合、右側から追い抜くことができます。
  • 夜間は必ず自転車の前方と後方のライトを点灯させます。
  • 駐車禁止の標識がなければ、歩道に自転車を駐輪できます。