サッカーオランダ女子代表

0 人中 1 人の訪問者がこの情報が役に立つと考えています。

サッカーオランダ女子代表が国際大会で絶好調です。2017年、女子代表チームは欧州女子選手権で優勝も果たしました!チームマネージャーのサリナ・ヴィーフマンに率いられ、今夏フランスで開催されるワールドカップへの出場権を獲得しています。

Orange Lionesses(オレンジ色の雌ライオン)

サッカー女子代表を応援するオランダのファンからは「オレンジ色の雌ライオン」の愛称で呼ばれています。この愛称はオランダの象徴であるライオンとシャツの色からとっています。

世界最高の女子サッカー選手

リーケ・マーテンズはオランダで最も有名なサッカー選手の一人です。チームと共に欧州女子選手権2017で優勝を果たしました。トーナメントで最優秀選手賞にも選出されました。2017年、UEFAはマーテンズを欧州最優秀選手に選出し、FIFA女子最優秀選手賞も受賞しました。マーテンズは現在、FCバルセロナでプレーしています。

歴代最多得点者

ワールドカップのカメルーン戦では、フィフィアネ・ミデマーが通算得点を60に伸ばし、2019年に歴代最多得点者となりました。

女子サッカーの歴史

  • 1955年4月16日にオランダ女子サッカー連盟(NDVB)が設立。
  • 1973年11月9日、KNVB(Koninklijke Nederlandse Voetbal Bond、王立オランダサッカー協会)の支援を受けてオランダ代表チームが初めてプレー。
  • 1982年、欧州女子選手権が初開催。
  • 1991年、FIFAが女子ワールドカップを開催。
  • 2009年、女子代表が欧州女子選手権に初出場。
  • 2015年、ワールドカップの出場権を獲得。
  • 2017年、Orange Lionessesが欧州選手権で優勝。