よくあるご質問

このウェブサイトには、オランダに関する情報が豊富に掲載されています。例えば、都市、地域、見所、アクティビティや宿泊施設についての情報を提供しています。お探しの情報が見つかりませんでしたか?FAQではオランダについての最もよくあるご質問とその答えをまとめました。

オランダで休暇を過ごすとは、素敵なアイデアですね!ウェブサイトにたくさんのヒントが掲載されています。ここではお勧めの都市、宿泊施設 、オランダのお勧めアクティビティに関する情報をご覧いただけます。

読む

オランダには複数の都市や村があります。概要については、オランダの旅先についてのページをご覧ください。

読む

「夜警」はアムステルダム国立美術館にあります。

読む

オランダには様々なミュージアムがあります。黄金時代の巨匠からモダンアートまで、幅広いアートに触れられるでしょう。美しい建物には特別なコレクションが収められています。

読む

コンセルトヘボウとプログラムについての詳細は、こちらをご覧ください。

読む

オランダの薬物政策は寛容です。薬物はすべて禁止されていますが、大麻は厳格な条件のもとで吸うことができます。

読む

4月27日、オランダはウィレム=アレクサンダーの誕生日を祝います。誰もがオレンジ色の服に身を包み、お祭りムードが高まる中、国中で開催されるストリートマーケットやフェア、エキサイティングなイベントに加わってお祝いします。

読む

リベレーションルートでは、様々な場所で第二次世界大戦について詳しく学ぶことができます。

読む

オランダはネーデルラントの一部であり、ネーデルラントの同義語としても用いられています。オランダとネーデルラントについての詳細はこちらをご覧ください。

読む

オランダの基準電圧は230Vです。

オランダは立憲君主制の国ですので、首相がいます。元首はウィレム=アレクサンダー王です。

読む

オランダの国土の約3分の1は海抜ゼロメートル以下です。風車、干拓地、堤防や障害となる水との闘いが繰り返されていることは世界中で知られています。オランダのウォーターランドについての詳細をご覧ください。

読む

市町村によっては今でも衣装を紹介していますが、日々の慣習というよりは民間伝承の意味合いが強いです。フォーレンダムでは、地元の衣装を着て写真を撮ることができます。

読む

ネーデルラントには様々な名物料理があります。新鮮な地元産食材が、情熱的なシェフたちの手によってお皿の上で素晴らしい作品に変身します。オランダ料理についての詳細をご覧ください。

読む

アムステルダムはオランダの首都です。デン・ハーグはオランダの政治の中心地です。オランダの政治の中心地はビネンホフです。

読む

いいえ、パンフレットはありません。サイトからオランダ観光のあらゆる関連情報やヒントをご覧いただけます。

読む

多くの記事には周辺マップが掲載されています。これらを印刷して旅のお供にしてください。利用可能なマップはありません。 オランダの詳細なマップはガソリンスタンド、書店、現地の観光案内所で手に入れられます。スマートフォンをお持ちの場合は、便利なアプリもいくつかあります。

オランダではあらゆる価格帯のホテルをご利用いただけます。お勧めホテルをご覧ください。

読む

オランダでは、ビーチで寝ることは禁じられています。ビーチやその周辺にはいくつかの宿泊施設があります。

読む

オランダではオランダ語が話されていますが、複数の方言があります。例えばフリースラントでは、現地の人はオランダ語の次にフリジア語も話します。フリジア語は、オランダで真に認められている唯一の第二言語です。

読む

VVVオフィスは地域の観光案内所です。ここではマップ、入場券、ウォーキング・ツアーをご利用いただけます。

読む

オランダのタイムゾーンはGMT +1です。夏季はサマータイムも導入しています。

自分自身の移動手段で旅行する場合は、オランダでの休暇にペットを連れていくことに問題はありません。飛行機で移動される場合は、ご利用の航空会社にお問い合わせください。

いいえ、マップはご用意しておりません。サイト内の名所はすべて住所とロケーションが記載されています。

読む

スキポールはアムステルダムの公式な空港です。空港のマップはウェブサイトかスキポールのアプリからご利用いただけます。

読む

180もの国籍で構成される80万人を超える人々がアムステルダムに居住しています。

読む

いいえ、アムステルダムは国ではありません。アムステルダムはオランダの首都です。

読む

オランダの法定通貨はユーロです。

読む

スキポール空港はアムステルダムのすぐ近くにあります。この空港からロッテルダムやデン・ハーグ、アイントホーフェンの各空港への直行便をご利用いただけます。ここからオランダを発見してください。

読む

アムステルダムにある様々な素晴らしいホテルを見つけることができます。お勧めのアムステルダムのホテルはこちらからご確認ください。

読む

世界的に有名な17世紀の街を訪れてください。歴史ある建物を見たり、ミュージアムを訪れたり、アムステルダムの運河ツアーに参加してみてはいかがでしょうか。

読む

アムステルダムには数多くの見所があります。17世紀の家々が軒を連ねる運河を見たり、ミュージアムを訪れたり、アムステルダムでも屈指の魅力的な地区を散策してみてください。

読む

アムステルダムはオランダの首都です。

読む

アムステルダムにはミュージアムや見所が数多くあります。Holland.comをチェックして、参考にしてください。

読む

アムステルダムはオランダの首都です。

読む

空港はアムステルダムの近くにあります。行き先にもよりますが、タクシーやバスなら市内まで20~30分です。鉄道も大変便利です。定期的に運行され、アムステルダム中央駅まで15分で到着します。アムステルダム大都市圏トラベルチケットはオンラインで簡単にご購入いただけます。

読む

アムステルダムでは、路上に駐車するか公共駐車場をご利用ください。場所によっては許可証保有者専用となっています。都心の駐車場はかなり高額です。街中で過ごす予定を立てている場合は、P&R(パーク&トラベル)駐車場か公共交通機関のご利用をお勧めします。アムステルダムの駐車場について、詳しくはこちらをご覧ください。

読む

必ず地元の警察に届けてください。それから自国の大使館または領事館に連絡してください。

AMSはスキポール空港を示すのに用いられる文字です。

読む

タクシー乗り場はスキポールプラザ出口の近くにあります。正式なタクシー乗り場のタクシーのみ利用するように注意してください。その他の方法で提供されたタクシーには乗らないようにしてください。オランダのタクシーについての詳細をご覧ください。

読む

スキポール空港からは、タクシーまたは公共交通機関でアムステルダムへ移動できます。

読む

アムステルダム・スキポール空港やその周辺には様々なホテルがあります。

読む

スキポールはアムステルダムの空港です。空港のマップはウェブサイトまたはスキポールアプリで見つかります。

読む

チューリップや他の花々は主に春に開花します。開花を見たい場合は、3月~5月にオランダを訪れるのがベストでしょう。世界で最も美しい春の公園、キューケンホフ公園はこの時期に開園しています。

読む

オランダには様々なフラワーパレードがあります。球根畑が見られる地方のフラワーパレード、 リヒテンフォールデまたはズンデルトを訪れてください。フラワーパレードの開催日は地域によって異なります。

読む

チューリップや他の花々は主に春に開花します。開花を見たい場合は、3月~5月にオランダを訪れるのがベストでしょう。世界で最も美しい春の公園、キューケンホフ公園はこの時期に開園しています。

読む

キューケンホフ公園は3月末から5月中旬まで開園しており、この期間は花が咲いています。

読む

11都市スケートマラソンは、しばらくの間路面が凍結していないと開催できません。124マイル(約200キロ)のコース全体に、少なくとも厚さ15センチの氷が張っている必要があります。

読む

チューリップ畑は、キューケンホフ公園付近、北東ポルダー、北ホラント州の球根畑が見られる地域にあります。

読む

タイムズ・ハイアー・エデュケーション世界大学ランキング2017によると、以下のオランダの大学がリストに掲載されています。

1.デルフト工科大学

2.アムステルダム大学

3.ヴァーヘニンゲン大学

4.エラスムス・ロッテルダム大学

5.ライデン大学

6.フローニンゲン大学

7.ユトレヒト大学

8.マーストリヒト大学

9.ラドバウド大学

10.トゥウェンテ大学"

"オランダで部屋/家を探すには、オンラインで検索するのが一番です。こうした目的のために数多くのウェブサイトやアプリが考案されています。「www.kamernet.nl」は、英語とオランダ語で結果を表示するウェブサイト/アプリです。Kamernetに登録する場合は、費用がかかるため口座を開設する必要があります。「www.erasmusu.com」には売り出し中の部屋のデータベースがあり、留学生向けに概要を明確に表示しています。

部屋を見つけるのがうまくいかない場合は?多くの都市で学生向けホテルを利用できます。美しい内装が施された部屋があり、外国人留学生に行き届いたサービスを提供しています。 "

"英語の研究を提供している大学は数多くあります。例

1.フローニンゲン大学

2.デルフト工科大学

3.ステンデン応用科学大学

4.ライデン大学

5.マーストリヒト大学

6.ロイヤル・アカデミー・オブ・アート

7.アムステルダム自由大学

8.トゥウェンテ大学

9.ハンザ応用科学大学

10.Zuyd応用化学大学

11.ティルブルフ大学

12.アムステルダム大学

13.エラスムス・ロッテルダム大学

14.ラドバウド大学

15.HAN応用化学大学"

4カ月以上オランダに滞在する予定を立てている場合は、新規住民として市区町村に登録する必要があります。条件および規制は市区町村によって異なります。留学先の市区町村または大学に連絡を取り、あらかじめ詳しい情報を得ておくと便利でしょう。登録手続きの方法や必要な書類(パスポート、賃貸借契約など)は把握しているはずです。 登録後、住民登録番号(BSN)を取得します。市区町村への登録は無料です。オランダ国内で移転したら、できる限り早急に市区町村に申告する必要があります。

オランダで働きたい場合は、この国の健康保険が必須です。次のいずれかの国から来ている場合:オーストリア、ベルギー、ブルガリア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、ドイツ、ハンガリー、フィンランド、フランス、ギリシャ、アイルランド、アイスランド、イタリア、日本、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、英国から来ている場合、労働許可証は不要で、時間の制約はありません。 他の国から来ている場合、労働許可証が必要です。労働許可証の申請は一切費用がかかりません。労働許可証があれば、許可されている労働時間までに制限されます。 オランダで働くためには、住民登録番号(BSN)が必要です。市区町村に登録すると、この番号を自動的に取得します。

オランダの公共交通機関は非常にうまく構成されています。鉄道、バス、トラムでほとんどの場所へ簡単にアクセスできます。

読む

スキポール空港からオランダの他の都市へ簡単にアクセス できます。

読む

オランダのほとんどの道路は通行料はかかりません。

駅やタバコ販売店で地域の公共交通機関カードを購入できます。オランダ・トラベル・チケットまたはアムステルダム大都市圏チケットは、オンラインで事前に購入することも可能です。

読む

アムステルダム・スキポール空港のすぐ下はオランダ鉄道の駅で、オランダ中の多くの場所に鉄道でアクセスできます。スキポールからアムステルダム中央駅までは鉄道でわずか15分です。

読む

運河がある、あるいは水辺にあるほとんどすべての街や村では、ボートをレンタルできます。小型の手漕ぎボートや電気ボートから、長期休暇用のセーリングボートまでさまざまなボートがあります。

読む

観光客として短期間オランダに滞在している場合、外国の運転免許証を使用できます。カテゴリーはウィーン条約(A、B、C、D、E)に従うことにご注意ください。一致しない場合は、国際免許証を取得します。

ボートでの移動が時速20キロより速い場合、または距離が15メートル以上の場合、ライセンスが必要です。

オランダの気候は季節によって異なります。概して温暖です。オランダの気候についての詳細をご覧ください。

読む

オランダは温暖な海洋性気候です。冬は寒すぎず、夏も暑すぎることはありません。オランダの気候についての詳細はこちらをご覧ください。

読む

何日も凍結する日が続いた場合、冬は天然氷上でスケートを楽しむことができます。人工のアイススケートリンクでのアイススケートは複数の都市で冬に体験できます。

読む

オランダではたくさんの興味深い体験を満喫できます!あなたの好きなものは何ですか?お勧めのオランダ観光プランはこちらをご覧ください。

読む

オランダには数多くのチーズ市があります。通常、チーズ市は春と夏の特定の日に開催されます。ゴーダ、アルクマール、エダム、ウールデンやホールンでチーズ市が開催されます。

読む

オランダでの休暇は、何マイルもの海岸線、ハールレム、デン・ハーグ、ユトレヒトといった自然豊かな街や歴史ある街をお楽しみいただけます。冬はスケート、春はチューリップ、夏は水泳、秋は文化を満喫しましょう。オランダはミュージアムの密度の高さで世界一を誇ります!オランダを探求してください!

読む