オランダの大晦日

-

900 ビュー

4 人中 4 人の訪問者がこの情報が役に立つと考えています。

オランダの大晦日

大晦日はオランダでは毎年大きなパーティになります。ほとんどの人々は友人や家族と夕べのひとときを過ごし、有名な「大晦日会議」を観て、油っぽいオリボレン(オランダのペーストリーでレーズン入り揚げドーナツ)やアップルベニエを食べながらシャンペンをたくさん飲みます。真夜中に花火が打ち上げられるまで・・・

読む

大晦日はオランダでは毎年大きなパーティになります。ほとんどの人々は友人や家族と夕べのひとときを過ごし、有名な「大晦日会議」を観て、油っぽいオリボレン(オランダのペーストリーでレーズン入り揚げドーナツ)やアップルベニエを食べながらシャンペンをたくさん飲みます。真夜中に花火が打ち上げられるまで・・・

  • オランダ各地で大晦日を体験してみましょう。
  • 華麗な花火大会をご覧ください。
  • 誰もが良い年になるようお互いに祈る、真夜中の雰囲気をお楽しみください。

花火

オランダでは夜空を照らし出すために誰でも自分用の花火を買え、多くの人々が嬉々として花火に打ち興じます。毎年花火に何百万ユーロもかけられ、まさに一大スペクタクルとなっています。花火は公式には大晦日に1時間認められていますが、昼間も夜もあちこちでパンパン音がしています。

要予約

大都市ではパーティを嬉々としてお祝いします。大きい広場は人でごった返しています。特に、アムステルダムのニューマルクト(Nieuwmarkt)のような中華街では人がいっぱいです。大晦日をバー、レストラン、クラブなどでお祝いしたい場合は、かなり前にチケットを予約したほうがいいでしょう。

新年を新たな気持ちで迎えたいですか?

1月1日にオランダにいるなら、なかなか体験できない新年の伝統行事に参加できます。元旦の朝は200カ所以上ある極寒の海や湖に飛び込むことから始まります。参加者が最も多い最大のイベントはスヘフェニンゲンで行われます。

近場の見所をご覧ください
オランダの大晦日
近日開催のイベント