ステーンとヨルダーンス:大人が歌えば…

-

85 ビュー

ステーンとヨルダーンス:大人が歌えば…

昔のオランダの諺「大人が歌えば子供が笛吹く」に焦点を当てた展覧会を訪れて、ヤン・ステーンやヤーコブ・ヨルダーンスの作品をご鑑賞ください。

読む

「大人が歌えば子供が笛吹く」とは、子供は大人の真似をする(悪い例は素行の悪さにつながる)ことを意味します。ヤン・ステーンとヤーコブ・ヨルダーンスは、どちらもこの諺に基づいて絵画を制作しました。展覧会「ステーンとヨルダーンス:大人が歌えば…」では、これらの特別な絵画を初めて並べて展示しています。

  • ヤン・ステーンとヤーコブ・ヨルダーンスによる2つの陽気な絵画をご鑑賞ください。
  • 絵画に隠されたメッセージを見つけてみましょう。
  • 2人の芸術家がどのように主題に取り組んだのかを発見してください。

展覧会

この夏、ヤン・ステーンが手掛けた大作「大人が歌えば子供が笛吹く」と共に、フランドル派の画家ヤーコブ・ヨルダーンス作の「大人が歌えば子供が笛吹く」が展示されます。この絵画はアントワープ王立美術館から借りているもので、展覧会「ステーンとヨルダーンス: 大人が歌えば…」での目玉作品です。2017年7月11日から2018年1月14日まで、いずれの絵画もデン・ハーグマウリッツハイス美術館でご鑑賞いただけます。

「大人が歌えば子供が笛吹く」

日常生活は17世紀の画家に好まれた主題でした。ステーンとヨルダーンスはこの分野のベテランであり、数えきれないほど多くの諺を描きました。両者とも何百年も前からある「大人が歌えば子供が笛吹く」という諺を絵画で表現しました。これは、悪い例は素行の悪さにつながることを意味しています。どちらの作品も面白いだけでなく、鑑賞者に控えるべき行動を伝える何気ないヒントを含んでいます。

この作品には、ヨルダーンスの周りにいる身近な人が描かれていると言われています。たとえば、この教師に見える老人は義父のアダム・ファン・ノールトです。バグパイプの演奏者はヨルダーンス本人かもしれません。また、ヤン・ステーンも、笑いながら子供にパイプの吸い方を教える父親を絵画に描いています。

マウリッツハイス美術館のご案内

マウリッツハイス美術館は17世紀と18世紀の美術館で、オランダとフランドル地方を代表する画家による作品800点を所蔵しています。マウリッツハイス美術館を訪れているなら、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」は必見です。この他にも、黄金時代の巨匠による名作が展示されています。

ハーグの宿泊施設

流行りのデザイナーズホテル、ロマンティックなB&B、それともご家族向けの居心地の良い貸別荘をお探しですか?ハーグでは、どんな嗜好にもご予算にも合う宿泊施設が見つかります。こちらから総合的なホテルのセレクションをご覧いただき、素晴らしい休暇をお過ごしください!

近場の見所をご覧ください
ステーンとヨルダーンス:大人が歌えば…
住所: 
Plein 29
2511CS デン・ハーグ
ウェブサイトをご覧ください
営業時間&チケット
近日開催のイベント