part1

建築


オランダは、ヨーロッパでも有数の人口密度密集地。居住と仕事の空間や、インフラを生み出すにあたって、独創性が求められました。多くの町で、歴史的建造物とモダンな建築が混在する様子を目にすることができます。「マース川のマンハッタン」と称されるロッテルダムや、ユネスコの世界遺産にも登録されているユトレヒトの「リートフェルト=シュロダー邸」は、オランダ建築のハイライトと言えるでしょう。
   

  • デン・ハーグの建築

    ビネンホフ、ハウステンボス、平和宮等の歴史建造物

    読む
  • ユトレヒトの建築

    リートフェルトの故郷で巨匠の作品に触れる

    読む
  • ロッテルダムの建築

    オランダで唯一高層建築が並ぶ街

    読む
  • アムステルダムの建築

    アムステルダムの建築は、地域によって建設された時代やスタイルが大きく異なります。ユネスコ世界遺産に認定された17世紀の運河地域、建築家ベルラーヘの建築を中心とするアムステルダム派の建築、そして革新性的なビジネス街「ザウダス」や東港湾地区など、各エリアが持つ独自の個性が調和しながら、ひとつの街を形成しています。

    読む
建築 ミュージアム
part51
part52
part53
part54
part55
part56
part57
part58
part59
part60
part61
part62
part63
part64
part65
part150
part151