フォーレンダムのグループ観光に関する5つのアドバイス

Heather Tucker, 2013年3月5日, 299 ビュー

フォーレンダムのグループ観光に関する5つのアドバイス

フォーレンダムは、歴史的衣装、チーズ、魚、そして伝統的なオランダのシーンを求めて行くところです。 この古い漁村では、観光客の役割を果たすことがすべてであり、グループであれば一層楽しさが増します。 およそ2万2千人が住むフォーレンダムで迷うようなことはないでしょう。 けれども必ず楽しく過ごせるように、予行プランに加えられる5つの(グループ)アクティビティをご紹介します。

読む

私たちがフォーレンダムに着いたとき、身を切るような寒さでした。 既に気温が低くなっていたにもかかわらず、アイセル湖(IJsselmeer)から吹いてくる風が原因でした。

それでも寒さでくじけることはありませんでした。 私たちは民族衣装、チーズ、魚、そして伝統的なオランダのシーンを求めてここに来ました。 この古い漁村では、観光客の役割を果たすことがすべてであるため、グループであれば一層楽しさが増します。

およそ2万2千人が住むフォーレンダムは、迷うような町ではありません。しかし、必ず楽しく過ごせるように、あなたの旅行プランに加えられる5つの(グループ)アクティビティをご紹介しましょう。

1. 民族衣装を着て写真撮影

恐らく前にご覧になったことがあると思いますが、大きいスカート、奇妙な帽子、エプロンなどいろいろな飾りがついています。 これまでに何度も経験してきた器用な手先で既に着ている服の上に幾層も重ね着させられます。 次に、あなたとお友達は完璧な昔のシーンに収まります。  グループでは1人当たりもっと払いますが、その写真は、それがなくて帰りたくなくなるような記念の写真になります。 当時の衣装を着たカメラマンたちが堤防沿いに待ち構えています。

2. 食べ物

Restaurant de Koe(The Cow:牛)レストランで当時の衣装を着たスタッフにより昔風の戸棚からそのまま出てきたお皿で出されることを好むか、あるいはチアーズバーのグランカフェ・チャールストン(Grand Café Charleston)に相当するフォーレンダムのお店の大きいテーブルの回りを動く方がいいか、いずれの方法にしても、とにかく是非とも食べていってください。 言うまでもないですが、漁村ですので魚介類が良い選択になります。

3. 近くのマルケン(Marken)までフェリーに乗ってください。

フォーレンダム旅行に関するブログでその土地を離れるようにと提案して一風変わっていると思われるかもしれませんが、このかつての島(今では島を本土につなぐ土手道)は、特徴的な木造家屋の写真を撮影したり、マルケン・ミュージアム(Marken Museum)を見て回ったり、木靴を作る技術について学ぶのにうってつけの場所です。 13世紀の高潮で本土から分離されたマルケンでは、フォーレンダムよりはるか昔に戻るタイムトラベルを体験できます。 マルケン・エクスプレスに乗って30分程の旅です。

4. ミュージアム見学

Zeestraat 41にあるフォーレンダム・ミュージアムは、フォーレンダムを訪れてみるのに興味深い土地にしている歴史を探求するのにぴったりの場所です。たとえあなたのグループのメンバーが本格的なミュージアムの常連だけでなくても、昔の内装、民族衣装、歴史的な物の中にあなたの心をつかむ何かがあることでしょう。

5. お土産にチーズをどうぞ。

町の外でも中でも本物のチーズを買う機会があります。 ハベン(Haven)25番地にある2012年末に開店したフォーレンダムチーズ工場(Cheese Factory Volendam)は、実演、ミュージアム、試食の多くの機会を設けています。

**寒い季節にはフォーレンダムですべてが開かれていないことにご注意ください。念のため、常に関連ウェブサイトでご確認ください。 これにはマルケン・エクスプレス(Marken Express)とミュージアムが含まれます。

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む