アムステルダムのベギンホフ

1514 ビュー

アムステルダムのベギンホフ

アムステルダムで最も素晴らしい場所の1つ、ベギンホフ(ベギン会修道院)をご紹介します。この中世の建物を訪れる方法や期間について詳細は、こちらをご覧ください。

読む

アムステルダム中心部にある最も素晴らしい場所の1つは、スプイ広場(Spuiplein)の扉の後ろにあります。扉を抜けると、中世の中庭があるベギンホフにつながります。ここにカトリック教徒の修道女たちが暮らしていました。

  • アムステルダム最古の住居をご覧ください。
  • 住宅のファサードの裏に隠れた特別な教会を訪れてください。
  • 各住居は私有地ですので、見学者は数多くのルールを守る必要があることにご注意ください。

ベギンホフの略史

ベギンホフの正確な建立年は不明ですが、14世紀のいつかベギネン(Begijnen)に家を提供するために建てられました。ベギン会の女性たちは修道女のように暮らしていましたが、より独立しており、自由がありました。16世紀、カトリック信仰は禁止されました。ベギンホフの家は女性たちの私有財産であったために、ここは唯一存続したカトリック系の施設でしたが、礼拝堂は明け渡しました。複数の住居のファサードの裏に、いわゆる「隠れ教会」が新たに建てられ、今日でも見学できます。

コーネリア・アレン(Cornelia Aren)は、ここに住んでいた中で最も有名なベギン会の女性です。コーネリアは教会ではなく側溝に埋葬されることを望んでいましたが、希望は叶わず、教会に埋葬されました。翌朝、コーネリアの棺は教会内から消え、彼女の望み通り側溝で見つかりました。何度もこのようなことが起きたため、ついに側溝を永眠の地としました。 

最後の修道女は1971年に亡くなりました。中庭から外れた家は現在でも住居となっていますが、ベギン会の女性は住んでいません。 

ホーテン・ハイス

ベギンホフに足を踏み入れると、右側に1528年に建てられたホーテン・ハイス(木造家屋)があります。アムステルダムに現存する2軒の木造家屋の1つです。元々アムステルダムにある家はすべて木で建てられていましたが、火災の危険があるため、ある時からレンガを建築材料とすることが義務づけられました。現在でも人が住んでいます。  

ベギンホフへの行き方

ベギンホフはアムステルダム中心部にあります。一番簡単な方法は、スプイ広場を通って行くことです。白い家々が立ち並び、その間に茶色い家があります。ここにベギンホフに通じる門があります。  

ルールおよび開館時間

ベギンホフの見学可能時間は毎日9:00~17:00です。見学可能時間内は礼拝堂も見学できます。ベギンホフでは観光客専用と表示された小道を利用できます。他の小道は小さな柵で仕切られています。住民の迷惑になるため、家の写真撮影はお控えください。  

ベギンホフ周辺の観光スポット

ベギンホフを訪れた後は、歩いてすぐの場所にアムステルダム博物館があります。ここではアムステルダムの歴史を学ぶことができます。近くにはダム広場もあり、マダム・タッソー館Ripley’s Believe It or Not(リプリーさんの奇妙な博物館)を訪れることもできます。

ベギンホフ周辺のホテル

アムステルダムの歴史的中心地では、美しいホテルにご宿泊ください。付近のW アムステルダムには屋上プールがあり、客室は瀟洒でモダンなインテリアとなっています。クラシックなホテルがお好きな方には、ホテル・エセレーア(Hotel Estherea)を強くお勧めします。宿泊客のスコアは9.1と高く評価されています。

近場の見所をご覧ください
Google map
住所: 
Nieuwezijds Voorburgwal 373
1012RM アムステルダム

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む