ライデンの橋

159 ビュー

ライデンの橋

28kmもの長さを誇る運河と堀があるライデンに、数多くの素晴らしい橋が存在するのは驚くことではありません。ライデンで最も卓越した橋は、フィスブルフ(Visbrug:魚の橋)とコールンブルフ(Koornbrug:穀物の橋)です。フィスブルフは、ライデンにいれば必ず一度は渡る橋です。コールンブルフは、屋根付きの橋で、他のどの橋とも見間違えようがない美しい景観を誇ります。

読む

28kmもの長さを誇る運河と堀があるライデンに、数多くの素晴らしい橋が存在するのは驚くことではありません。ライデンで最も卓越した橋は、フィスブルフ(Visbrug:魚の橋)とコールンブルフ(Koornbrug:穀物の橋)です。フィスブルフは、ライデンにいれば必ず一度は渡る橋です。コールンブルフは、屋根付きの橋で、他のどの橋とも見間違えようがない美しい景観を誇ります。

フィスブルフ

フィスブルフはシント・ヤンブルフと共に12世紀に建てられ、町の防衛の要でした。また、これら2つの橋は、フローテブルフ(Grote Brug:大いなる橋)とも呼ばれています。フィスブルフの経済価値は非常に大きく、町の全24ギルドはその維持管理にかかる費用を受け持ちたがりました。この「魚の橋」という名前は、カトウェイク(Katwijk)やノールトウェイク(Noordwijk)の漁師たちがここで捕獲した魚を売りさばいていた当時を彷彿とさせます。

コールンブルフ

1642年に建てられたこの橋の名前がすべてを物語っています。何世紀にもわたって、ここは穀物の取引場所でした。穀物が湿らないよう屋根が付けられたのは1834年のことでした。一際目を引く建築であり、毎週土曜日には市が開かれる国定史跡ともなっています。

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む