オランダのチーズ

1544 ビュー

チーズ

オランダでは、毎年6億5千万キロのチーズが生産されています。三分の二が輸出用で、その量は世界一です。オランダ人は、一人当たり年間平均14,3キロのチーズを食べます。オランダがチーズ王国と異名をとるのも頷けます。

読む

オランダでは、毎年6億5千万キロのチーズが生産されています。三分の二が輸出用で、その量は世界一です。オランダ人は、一人当たり年間平均14,3キロのチーズを食べます。オランダがチーズ王国と異名をとるのも頷けます。

オランダのチーズブランド

オランダで最も有名なチーズは、ゴーダとエダムです。その他にも、フリージアン、リンブルグ、ケルヘム、ブルーフォルト、スーベンハラ、マースダム、オールド・アムステルダム、オールド・アルクマール、ミモレッテ・コミッション、マースランド、テッセラール=コルメル、レイデン、リールダマーなど、さまざまな種類のチーズがあります。

オランダのチーズの歴史

オランダのチーズの歴史は、紀元前まで遡ります。考古学者は、紀元前200年のチーズ製造の道具を発掘しました。中世になると、チーズの取引はオランダ人の生活の中で重要な位置を占めるようになります。チーズ市場は賑わい、行政権を与えられた町は、「デ・ワーグ」と呼ばれる計量所を建設しました。ゴーダの「デ・ワーグ」は、オランダでも最も美しい計量所です。その当時から、オランダは乳製品産業で世界を牽引する存在となったのです。

オランダのチーズ市場

ゴーダ、エダム、アルクマールのチーズ市場で、600年に渡って行われてきたチーズ取引の様子を見学しましょう。チーズ博物館もお見逃し無く。オランダ各地にあるチーズショップで、さまざまなチーズを食べ比べてみるのもよいでしょう。


オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む