天気に対する文句

726 ビュー

天気に対する文句

オランダには四季があるため、天気はいつも変わりやすく、そしていつも何か話の種を提供してくれます。オランダ人は、天気についておしゃべりするのが本当に好きなのです。オランダ人はネガティブな人々ではありませんが、天気についてはいつも文句を言いたげのようです。

読む

オランダには四季があるため、天気はいつも変わりやすく、そしていつも何か話の種を提供してくれます。オランダ人は、天気についておしゃべりするのが本当に好きなのです。オランダ人はネガティブな人々ではありませんが、天気についてはいつも文句を言いたげのようです。

「大変なお天気ですね。」

風が強すぎる、風が弱すぎる、寒すぎる、暑すぎる、じめじめしすぎている、乾燥しすぎている・・・ちょうど良いことは滅多にありません。オランダの言い慣わしにこういうものがあります。夏の本当に暑い日には「風があるような、ないような、そんな感じですね。」にわか雨のせいで冷え込むと「良いお天気は続きませんね。」秋の訪れには「まだ夏ならいいのに、と思いませんか」と言うのです。

楽しいおしゃべり

言い換えると、オランダ人は天気に文句をつけることで気晴らしをしているのです。でも、あまり真に受けなくても大丈夫です。他に話題が見つからない時に、おしゃべりのきっかけにしようとしているだけですから。そう思うと、面白い習慣ではあります。



オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む