文化的に正当とされる覗き見行為

Marloes Tervoort, 2013年10月20日, 282 ビュー

文化的に正当とされる覗き見行為

アムステルダムの人々は、「ドキュメンタリー映画の文化にオランダ国内外から刺激を与える」ことを目的として1988年から開催されている「自分たちの」IDFA(アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭)に誇りを持っています。前売りチケットは早めのご購入をおすすめします。筆者の場合、ラッキーなことに、毎回その年必見の映画を教えてくれる友人がいるので、あとは観るか観ないかの返事をするだけです。そして、プログラム・スケジュールにちりばめられた珠玉の映画を観るためのチケットを手配してくれるのもその友人です。

読む

アムステルダムの人々は、「ドキュメンタリー映画の文化にオランダ国内外から刺激を与える」ことを目的として1988年から開催されている「自分たちの」IDFA(アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭)に誇りを持っています。前売りチケットは早めのご購入をおすすめします。筆者の場合、ラッキーなことに、毎回その年必見の映画を教えてくれる友人がいるので、あとは観るか観ないかの返事をするだけです。そして、プログラム・スケジュールにちりばめられた珠玉の映画を観るためのチケットを手配してくれるのもその友人です。

オランダはドキュメンタリー映画の国です。ミヒエル・ファン・エルプ(Michiel van Erp)のようなドキュメンタリー映画監督は、衝撃的かつオランダ文化を覗き見するかのような視点を披露しています。ファン・エルプは、「プレトパルク・ネーデルラント(Pretpark Nederland(オランダの遊園地))」や「ウェルコム・イン・ネーデルラント(Welkom in Nederland(オランダへようこそ))」など、オランダ文化に関するドキュメンタリー映画でその地位を確立しました。ヨハン・ファン・デル・クーケン(Johan van der Keuken)、ジョン・アペル(John Appel)、レンゾ・マルテンス(Renzo Martens)など、オランダの映画監督の多くは、IDFAでその名を上げました。なお、オランダ語を話さない人たちが楽しめる映画もたくさんあります。IDFAでは、オランダ国外から出品されたドキュメンタリー映画が大部分を占めています。

幸いアムステルダムには、映画祭の開催期間中以外にもドキュメンタリー映画が観られるアートシアターがたくさんあります。筆者のお気に入りは、「リアルト(Rialto)」、「クリテリオン(Kriterion)」、「スタジオK(Studio K)」、「シネセンター(Cinecenter)」です。いずれの映画館も、若干オルタナティブ系でベルリンのような感じです。

IDFAは、2012年より素晴らしい会場を得ました。それは、「アイ・フィルム・インスティテュート(EYE Film Institute)」です。この一際目を引く外観を持つ映画館と映画ミュージアムは、映画ファンのメッカとして一年中開館しています。テレビ好きで、暗い所が苦手な方は、美味しい食事が食べられるだけではなく、目を見張るような町の景色も眺められる館内のレストランを予約しておいてはいかがでしょうか。夕日と美味しいワインを楽しみながら、映画のストーリーに思いを馳せるには格好の場所です。

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む