ユトレヒトのデ・アイトホフ

699 ビュー

ユトレヒトのデ・アイトホフ

デ・アイトホフはユトレヒト市の一地区であり、ユトレヒト大学、University Medical Centre(UMC)、University of Applied Science Utrechtが位置しています。ユトレヒト大学は、7世紀に設立された神学校を基にしています。その後何世紀もかけてオランダ最大の教育機関の一つに成長しました。現在は3万人もの学生が学術・芸術を学んでいます。デ・アイトホフの特徴は、目を見張るような建築物が数多く存在することです。

読む

デ・アイトホフはユトレヒト市の一地区であり、ユトレヒト大学、University Medical Centre(UMC)、University of Applied Science Utrechtが位置しています。ユトレヒト大学は、7世紀に設立された神学校を基にしています。その後何世紀もかけてオランダ最大の教育機関の一つに成長しました。現在は3万人もの学生が学術・芸術を学んでいます。デ・アイトホフの特徴は、目を見張るような建築物が数多く存在することです。

デ・アイトホフの建築物

デ・アイトホフをドライブすると、たくさんの建物に目が止まります。最も目立つ建築物は、ヴィール・アレッツが設計した大学図書館です。4千2百万冊の蔵書と1000席を誇るこの図書館は、前代未聞の空間効果が数多く取り入れられています。2005年、アレッツはこの図書館の設計でリートフェルト賞を受賞しました。

デ・アイトホフのその他の素晴らしい建築物には次のものがあります。

  • 火力発電所: リスベス・ファン・デル・ポル設計。環境配慮設計となっており、赤みのあるオレンジ色と、6本の煙突が異彩を放っています。
  •  ミネアルト・ビルディング: ウイリアム・ヤン・ノイトリングスの設計で、2002年に完成。美しい光のパターンと人目を引く形状を特徴とし、独自のエネルギーシステムを備えています。
  •  マリナス・ルパート・ビルディング: シュールト・ヴァウダにより設計され、1963年に完成。  ゆったりとした空間が広がるホール、モダニスト様式、そして独自の色が特に印象的です。
  • A.A. Hijmans van den Berghビルディング: 建築家エリック・ファン・エゲラート設計で、2007年にリートフェルト賞を受賞。アルミ、ガラス、石による縦のストライプのファサードが目立ちます。ガラスでてきた3つの円錐形が屋内に光を取り入れています。
  • Basket: 屋上にバスケットボールコートがあるおしゃれなカフェです。設計したNL Architectsは、2003年にリートフェルト賞と、オランダ建築家協会のヤング・アーキテクト賞を受賞しました。
  • カンブリトゲラーン学生寮: ルディー・アウテンハークの設計で、1999年に完成しました。1002戸のフラットが、高層および低層アパートの組み合わせで構成されています。
  • エデュカトリウム: レム・コールハース設計の教育施設。エデュカトリウムの中の講義室、研究施設、レストランの優れたデザインも賞を受賞しています。

ユトレヒトのデ・アイトホフのご案内

 デ・アイトホフは何曜日でも訪問できます。中央駅(Centraal Station)から11番または12番のバスに乗ると、15分以内にユトレヒトの大学キャンパスに到着します。また、デ・アイトホフには、車でもアクセスできます。ユトレヒトの有名建築物については、ドムプレインにあるユトレヒトVVV観光案内所にお尋ねください。デ・アイトホフは、案内パンフレットにも記載されています。

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む