デルフト市庁舎

498 ビュー

デルフト市庁舎

マルクト広場のデルフト市庁舎は、1618年に古風で中世的な旧市庁舎が焼失した後に、デルフトお抱えの設計者ヘンドリック・デ・カイゼル(1565-1621)が建てた17世紀の建物です。デ・カイゼルは当時最高の設計者の1人でした。デ・カイゼルはデルフトに2つのランドマーク的な建物を作りました。1つはニーウェ・ケルク(新教会)にあるオレンジ公ウィリアム王子の霊廟、そしてもう1つがマルクト広場にある市庁舎です。ニーウェ・ケルクに面するデルフト市庁舎は、今でもデルフト中でもっとも目立つ建造物の1つです。

読む

マルクト広場のデルフト市庁舎は、1618年に古風で中世的な旧市庁舎が焼失した後に、デルフトお抱えの設計者ヘンドリック・デ・カイゼル(1565-1621)が建てた17世紀の建物です。デ・カイゼルは当時最高の設計者の1人でした。デ・カイゼルはデルフトに2つのランドマーク的な建物を作りました。1つはニーウェ・ケルク(新教会)にあるオレンジ公ウィリアム王子の霊廟、そしてもう1つがマルクト広場にある市庁舎です。ニーウェ・ケルクに面するデルフト市庁舎は、今でもデルフト中でもっとも目立つ建造物の1つです。


市庁舎の建築


1620年ヘンドリック・デ・カイゼルが建てたデルフト市庁舎は、完全調和と対称形のルネサンス調の建物です。13世紀に後期ゴシック調でできた伯爵の塔の周辺に建てられたものでした。建物の後ろ側に回れば、これが見て取れます。「Het Steen」と名付けられたこの塔は、かつて牢獄でした。今でも、拷問道具とともに中世の牢獄として残されています。要予約のガイド付きツアーがあります。


市庁舎の歴史


デルフト市庁舎は、ヨハネス・フェルメールが婚約者カタリーナ・ボルネスとともに婚前の要件(「オンダートラウ(ondertrouw)」)を満たすために訪れた場所でした。中世の頃、商取引所は市庁舎の裏にありました。オランダバターが取引されていたスタットボターハウス(Stadsboterhuis)はマルクト17番地にあります。当時、バターはデルフトの重要な輸出品の1つでした。マルクト11番地には、計量所(Stadswaag)があって、10ポンドを超える品物はすべてここで計量されていました。18世紀に入ると、この建物は金銀細工師と薬剤師のギルドが入りました。現在、この建物にはシティパブが入っていますが、ギルドが入っていたことを記念して、ファサードの前後に記念石が設置されています。



 

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む