クラシックなテーマで旅する

5 ビュー

クラシックなテーマで旅する

オランダを代表するものといえば、チューリップ、チーズ、木靴、風車といったものがあげられます。こうしたクラシックなテーマを訪ねる旅に、春はぴったりの季節です。

読む

オランダを代表するものといえば、チューリップ、チーズ、木靴、風車といったものがあげられます。こうしたクラシックなテーマを訪ねる旅に、春はぴったりの季節です。

  • アルクマールのチーズマーケットで本場のチーズに触れる
  • オランダ風車の日は600基以上の風車(や水車)を公開
  • チューリップが満開を迎えるのはもちろん春

オランダっぽいものと言えば…風車、チーズ、チューリップ。オランダで伝統的なものを探すなら、春がベストシーズンです。色とりどりのチューリップが畑を埋め尽くし、他のオランダを代表するアトラクションがその門戸を大きく開いて、旅行者を迎えます。

アルクマールのチーズマーケット

4月の第1金曜日、アルクマールチーズマーケットが始まります。 朝10時の鐘の音と同時に、高く積み上げられたチーズの山をチーズ計量人がチェック。仲買人との値段交渉がまとまれば、お互いの手を握って、それを周りに知らしめます。その後、伝統的なチーズ運搬キャリーに乗せられ、独特の歩き方をするチーズ運搬人たちがチーズを運び出します。一連の伝統的なチーズ取引の様子を、町の広場で見学しましょう。試食やお土産のチーズを買って楽しんだら、チーズ・ミュージアムも覗いてみましょう。

オランダ風車の日

毎年5月の第二土曜日は、オランダ風車の日(Nationale Molendag)という記念日です。600基以上の現役の風車・水車が一般公開されます。風車・水車は数世紀にわたりオランダの国の発展にとってなくてはならないものでした。なぜ大事だったのか理由を探ってみましょう。多くの風車守(水車守)が内部見学ツアーなどのアクティビティを開催しています。

チューリップ

チューリップに代表される春の花の季節は3月中旬に始まり、5月中旬に終わります。なかでも多くのチューリップが満開の時期を迎えるのは、およそ4月中旬から月末にかけて(天候により変わります)。世界最大の花の展示場、キューケンホフ公園でチューリップを楽しみましょう。公園があるリッセとヒレゴムは世界最大級の球根栽培地区ですが、これに加えてアイセル湖に面したノールドオーストポルダーもチューリップ栽培でよく知られています。4月中旬から5月初旬にかけて、ノールドオーストポルダーで行われるチューリップ・フェスティバルではチューリップ畑を走るバスから素晴らしい景色を楽しめます。またアムステルダムの北にあるザイプ地区の球根花畑も圧巻です。

今度の春オランダを伝統的なテーマで旅するなら、ホリデイハウスに泊まってみませんか?チューリップの最盛期は人気のシーズンなのでホテルのご予約はお早めに。

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む