ドラーケンスタイン城

353 ビュー

ドラーケンスタイン城

ドラーケンスタイン城は、ベアトリクス王女の私有財産です。女王が1959年に購入し、改装しました。1963年から、夫のクラウス王配と3人の息子と共に住んでいましたが、1981年にデン・ハーグのハウステンボス宮殿に引っ越しました。ドラーケンスタイン城は、バールン基礎自治体のラーゲ・フールセ村の近くの、緑豊かな場所にあります。

読む

ドラーケンスタイン城は、ベアトリクス王女の私有財産です。女王が1959年に購入し、改装しました。1963年から、夫のクラウス王配と3人の息子と共に住んでいましたが、1981年にデン・ハーグのハウステンボス宮殿に引っ越しました。ドラーケンスタイン城は、バールン基礎自治体のラーゲ・フールセ村の近くの、緑豊かな場所にあります。

豊かな歴史、多くのスタイル

20ヘクタールの森に囲まれたドラーケンスタイン城は、ユトレヒト州の人里離れた美しい場所にあります。このカントリー・シートは比較的小さな城であるため、親しみやすい雰囲気を持っています。ベアトリクス王女は、ドラーケンスタイン城(Drakensteyn Castle)に戻って住まわれます。

ベアトリクス王女、ドラーケンスタイン城にお戻り

2013年にウィレム=アレクサンダー王が母親より王位を継承後、ベアトリクス王女はドラーケンスタイン城に戻ることを決意しました。従って、一般の人々は居住地に入れませんが、他の多くの城や宮殿で見られるものと同様、お城の周辺にはまだ楽しめる多くの見どころがあります。

ラーゲ・フールセ観光

ラーゲ・フールセのVVV観光案内所からは、宮殿や城の間を縫うように数多くの自転車道が敷設されています。イームポルダー自然保護区や、ユトレヒツェ・フーフェルルグ国立公園の森とヒースの原野を自転車で観光できます。ドラーケンスタイン城の目と鼻の先にあるスーストダイク宮殿のそばを自転車で通りすぎることもできます。

ラーゲ・フールセ村は景観保護区域に指定されており、村に4軒あるパンネンクーケンハウゼン(オランダパンケーキ専門のレストラン)は、各地から来た観光客に人気です。

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む