ワールドカップにおけるオランダ代表の戦歴

1180 ビュー

ワールドカップにおけるオランダ代表の戦歴

オランダ代表は、過去のFIFAワールドカップで素晴らしい成績を残しています。事実、決勝戦の成績に関する限り、オランダはトップテンに入ります。オランダ代表は4回にわたり、準決勝戦に進みました。1974年、1978年、2010年、オランダ代表はワールドカップ決勝戦で敗退、1998年の準決勝ではPK戦によってブラジルに敗れています。

読む

オランダ代表は、過去のFIFAワールドカップで素晴らしい成績を残しています。事実、決勝戦の成績に関する限り、オランダはトップテンに入ります。オランダ代表は4回にわたり、準決勝戦に進みました。1974年、1978年、2010年、オランダ代表はワールドカップ決勝戦で敗退、1998年の準決勝ではPK戦によってブラジルに敗れています。

1974ワールドカップ:オランダ対西ドイツ

70年代、オランダのサッカーは全盛を極めました。トータル・フットボールを世界に紹介した、リヌス・ミケルスによって率いられたチームには、有名な選手ヨハネス・クライフがいて、オランダ代表は敵にとって手強い相手でした。攻撃的なサッカーと動きの速いチームワークに、スーパーゴールが加わり、オランダはブラジルやアルゼンチンといった敵を打ち負かしていったのです。オランダ代表は優勝を狙っていましたが、開催国西ドイツによって、決勝戦で2-1で敗退したのです。

1978ワールドカップ:オランダ対アルゼンチン

ドイツに敗れた4年後、オランダ代表はアルゼンチンを相手に再び優勝への一歩手前に行きました。エルンスト・ハッペル監督がオランダ代表として召集され、再び決勝戦に駒を進めたのです。この時、ヨハネス・クライフはいませんでした。オランダは開催国に挑戦しました。決勝戦で延長戦に突入すると、アルゼンチンが2ゴールを決め、3-1で勝利したのです。

2010ワールドカップ:オランダ対スペイン

2010ワールドカップは南アフリカで開催されました。マルワイク監督は、攻撃的かつ集中型サッカーを進め、全ての試合に問題なく勝ち続け、決勝戦に進みました。32年が経ち、再びオランダはスペインを相手に、ワールドカップ決勝戦に駒を進めたのです。延長戦でスペインがゴールを決めて均衡を破り、オランダは三度目の正直にはなりませんでした。

帰国すると、オランダ代表はあたかも優勝したかのような出迎えを受けました。70万人を超えるオランダのファンが運河に立ち並び、アムステルダムの中央に位置するミュージアム広場に集まり、素晴らしい戦いぶりだったオランダ代表を讃えたのでした。

ワールドカップ 2014:オランダ対ブラジル

ワールドカップ2014はブラジルで開催されました。オランダ代表チームは、ルイ・ファン・ハールが監督を務め、素晴らしいプレーを見せてくれました。ワールドカップ開催前は、オランダ代表の活躍に大きな期待は寄せられていませんでした。チームは強豪の集まるグループに組み込まれ、開幕戦で前回のワールドカップ優勝国であるスペインと対戦しました(2010年の決勝戦で敗北)。開幕戦では予想をはるかに超えて、各国のメディアが報道しました。オレンジ軍団は5-1でスペインを制し、この勝利の後には、オーストラリア(3-2)とチリ(2-0)も打ち負かし、グループリーグの勝者となりました。その後オランダチームは、対メキシコ戦(2-1)と対コスタリカ戦(PK:4-3)で勝利し、準決勝でアルゼンチンとの試合に臨みました。残念ながらワールドカップで優勝する夢ははかなく消え、アルゼンチン対オランダのPK戦で2-4の結果となりました。3位決定戦では、オランダ代表がブラジルを破り、ワールドカップ2014で3位を獲得しました。オレンジ軍団は試合で素晴らしいプレーを見せました。オランダは2014年の代表チームを誇りに思います。

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む