「真珠の耳飾りの少女」の発見

556 ビュー

「真珠の耳飾りの少女」の発見

本物の世界的な有名人のように、「真珠の耳飾りの少女」はワールド・ツアーを終えたばかりです。日本、イタリア、アメリカで、かつてないほど人気が高まりました。それでも彼女は変わっていないことを嬉しく思います。

読む

本物の世界的な有名人のように、「真珠の耳飾りの少女」はワールド・ツアーを終えたばかりです。日本、イタリア、アメリカで、かつてないほど人気が高まりました。それでも彼女は変わっていないことを嬉しく思います。

  • 本物の世界的な有名人のように、「真珠の耳飾りの少女」はワールド・ツアーを終えたばかりです。
  • 日本、イタリア、アメリカで、かつてないほど人気が高まりました。
  • それでも彼女は変わっていないことを嬉しく思います。

「真珠の耳飾りの少女」の最初の販売価格は1ユーロでした。フェルメールが「光の画家」としても知られている理由を見つけてください。ワールド・ツアーの途上で、世界中から220万人もの人々が「真珠の耳飾りの少女」を鑑賞しました。

今日では「真珠の耳飾りの少女」は、世界中で最も貴重で有名な絵画の1つであるといえるしょう。1881年には、1ユーロ程度で販売されていました。デン・ハーグのオークションでは、それがフェルメールの作品であるとは誰も知らず、美術鑑定家のデ・トンブ氏が取得しました。

 修復の途中で署名が明らかになり、その絵画は確かにフェルメールのものであり、1665年頃に制作されたものであると判明しました。死後、デ・トンブ氏は秘密の遺言により、「真珠の耳飾りの少女」を含む12点の絵画をマウリッツハウス美術館に寄贈しました。   

「真珠の耳飾りの少女」は誰なのでしょうか?

答えは永遠の謎となることでしょう。というのもこの絵画は肖像画というよりも、空想またはお決まりの登場人物、いわゆる「トローニー(頭部の習作を表すオランダ語)」だからです。少女がフェルメールのトローニーであることを特定できた人はいませんが、当時12歳か13歳であったフェルメールの娘のマリアがモデルではないかという憶測も流れています。真相は誰にもわかりません...

© Mauritshuis, The Hague

光の画家

少女の唇のハイライト、わずか2回の筆運びで描かれたキラリと輝く真珠。フェルメールは作品において光の魔術師でした。様々な角度からから光が降り注ぐようにし、他のどの画家よりも巧みに、作品に命を吹き込みました。

© Mauritshuis, The Hague

ワールド・ツアーのシンボル

マウリッツハウス美術館の改修中、「真珠の耳飾りの少女」は世界を巡回していました。

·         2年間にわたり、少女は本物のスーパースターのように、日本、イタリア、米国などの国々を巡りました。
·         アメリカでは、ニューヨークタイムズ紙の一面を飾りました。日本では大変な人気を集め、2012年で最多の観客が展覧会を訪れました。
·         概していえば、220万人程の人々がこの絵画を鑑賞しました。

幸運なことに、少女のかすかに驚いた表情を見れば、世界中でどれほど有名になっても彼女は変わっていないことがわかります。

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む