笑いたいなら、こちらへ!

Marloes Tervoort, 2013年2月13日, 70 ビュー

笑いたいなら、こちらへ!

地下で過ごす夜は、私にとって特別です。日差しがなくなると、すぐに私は、ある意味水を得た魚のようになるのです。私が勉強していた建物の地下にバーがあったのですが、これはまさに、そこでの私の様子です。午後5時の1杯は、6時間後に酔っぱらって起き上がることを意味します。トームラー・コメディ・クラブ(Toomler comedy club)では若干お行儀良くしていますが、私にとって居心地の良い場所なのです。

読む

地下で過ごす夜は、私にとって特別です。日差しがなくなると、すぐに私は、ある意味水を得た魚のようになるのです。私が勉強していた建物の地下にバーがあったのですが、これはまさに、そこでの私の様子です。午後5時の1杯は、6時間後に酔っぱらって起き上がることを意味します。トームラー・コメディ・クラブ(Toomler comedy club)では若干お行儀良くしていますが、私にとって居心地の良い場所なのです。

スタンダップコメディアンたちがクラブを盛り上げてくれます。もちろん、飛び抜けて面白いコメディアンは何人かいます。「トームラー」はオランダ人が経営していますが、外国人コメディアンが英語でパフォーマンスすることも頻繁にあります。ここで「コメディトレイン・インターナショナル・サマーフェスティバル(Comedytrain International Summer Festival)」が開催され、アリ・ベイカー(Arj Baker)、グレン・ウール(Glenn Wool)、ドワイト・スレイド(Dwight Slade)のような有名人がパフォーマンスしました。

もっとアメリカ的なクラブと言えば、ライツェ広場(Leidseplein)の「ブーム・シカゴ(Boom Chicago)」があります。喜劇団が1993年に創設され、オランダの政治や社会情勢をネタにしたコメディショーが催されてきました。初めて目にするオランダ人の癖や習慣に共感を覚える旅行客の方に面白がっていただいているようですが、自分の経験上、オランダ人の笑いのツボも刺激されています。私達オランダ人がどう見られているかが分かります。それから、オランダ人の習慣や行動には、たしかにおかしなものもあると気づいたりもします。一番面白いのは、無礼なレストランとバー従業員の話ですが、毎年恒例の「シンタークラース・フェスティバル(Sinterklaas festival)」も同じくらい風刺が効いていて面白いです。

トームラー(Toomler):アムステルダム、ブライトナーラーン2(Breitnerlaan 2, Amsterdam)
ブーム・シカゴ(Boom Chicago):アムステルダム、ライツェ広場12(Leidseplein 12, Amsterdam)
コメディ・カフェ・アムステルダム(Comedy Café Amsterdam):アムステルダム、マックス・ウーヴェ広場43-45(Max Euweplein 43-45, Amsterdam)

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む