ゴーダのキャンドルライト

589 ビュー

2016/12/16

ゴーダのキャンドルライト

キャンドルライト・ナイト(Goudse kaarsjesavond)はオランダ西部のハウダの街で開かれる、毎年恒例の有名なクリスマスイベントです。夜間に行われるこの伝統行事は、無数の蝋燭の光、歌声、祝祭気分によって彩られ、毎年オランダ国内、国外の要人ゲストを含む何千人もの人々が参加します。キャンドルライト・ナイトはゴシック様式の市庁舎前のマルクト広場において、クリスマス前の火曜日の夜に開催されます。通りの電灯が消され、代わりに広場を囲む窓に蝋燭が灯されます。市長のスピーチのあと、高くそびえるクリスマスツリーに飾られた何千ものライトが点火される光景は、まさに神秘的な体験と言えるでしょう。

読む


「Gouda by Kaarslicht」、あるいは「Kaarsjesavond(キャンドルナイト)」として知られる「Gouda by Candlelight(ゴーダのキャンドルライト)」はオランダ西部のハウダの街で開かれる、毎年恒例の有名なクリスマスイベントです。この伝統行事は、無数の蝋燭の光、歌声、祝祭気分によって彩られ、毎年オランダ国内、国外の要人ゲストを含む何千人もの人々が参加します。通りの電灯が消され、代わりに広場を囲む窓に蝋燭が灯されます。市長のスピーチのあと、高くそびえるクリスマスツリーに飾られた何千ものライトが点火される光景は、まさに神秘的な体験と言えるでしょう。このクリスマスツリーは、毎年ノルウェーの姉妹都市であるコングスベルグから贈られます。

長い伝統

キャンドルライト・ナイトは何十年もの長い伝統を持った行事です。聖歌隊が歌うクリスマスキャロルに聴衆も情熱的に参加し、出席者は祝祭のあとで近くの教会やミュージアムを訪れます。ハウダ(ゴーダ)は19世紀の中頃から蝋燭の産地として知られるようになりましたが、同じ艶々した産物でも、ゴーダチーズのほうがはるかに有名でしょう。ハウダの蝋燭は長時間安定して燃え続ける自然の蝋を使って作られており、街の周辺でお土産として購入することができます。

歴史ある街

ハウダの魅力はゴーダのキャンドルライトだけではありません。美しい運河、歴史的な教会、オランダ建築の建物で飾られたこの街は、醸造、喫煙パイプ、ストロープワッフルなどでも有名です。またハウダには電車の駅が二つあるので簡単に訪れることができ、アムステルダムからもわずか一時間の距離に位置しています。

近場の見所をご覧ください
Google map

オランダの四季折々の魅力を探求してください

オランダは四季を通じて美しい国です。春夏秋冬、素晴らしいホリディの為のヒント

読む